シンプレクス・ホールディングス
本店:東京都中央区日本橋一丁目4番1号

【商号履歴】
株式会社シンプレクス・ホールディングス(2010年10月1日~2014年1月株式会社SCKホールディングスに合併)
株式会社シンプレクス・テクノロジー(2000年2月~2010年10月1日)
株式会社シンプレクス・リスク・マネジメント(1997年9月16日~2000年2月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2005年9月1日~2013年10月15日(株式会社SCKホールディングスが全部取得)
<東証2部>2004年5月10日~2005年8月31日(1部指定)
<店頭>2002年2月8日~2004年5月9日(東証2部上場)

【沿革】
平成9年9月 外資系金融機関で金融フロンティア(ディーリング・リスクマネジメント)の実務とITサポートを行ってきたコア・メンバーにより、東京都港区に『株式会社シンプレクス・リスク・マネジメント』創設
平成9年11月 本店を東京都中央区に移転
平成10年2月 デリバティブ・ディーリングシステムの全面構築受注(大手証券)
平成10年3月 「シンプレクス・リスクマネジメント・リミテッド(香港)」の株式取得
平成10年4月 「ダイナミック・テクノロジーズ・コーポレーション(シンガポール)」の株式取得及び「エクサンテ・ピーティーイー・リミテッド(シンガポール)」を設立
平成10年9月 債券ディーリングシステムの構築受注(準大手証券)
平成10年12月 「株式会社シンプレクス・コンサルティング」(現:株式会社シンプレクス・ビジネス・ソリューション)(現連結子会社)を設立
平成11年5月 バックオフィスシステムのシステム開発アウトソーシング受託(外資大手証券)
平成11年7月 ネット証券向けCRMシステムの構築受注(インターネット証券)
平成11年12月 ネット証券向けCRMシステムのパッケージ展開開始
平成12年2月 『株式会社シンプレクス・テクノロジー』に会社名変更
平成12年3月 「ダイナミック・テクノロジーズ・コーポレーション(シンガポール)」及び「エクサンテ・ピーティーイー・リミテッド(シンガポール)」を清算
平成12年5月 債券ディーリングシステムのパッケージ展開開始
平成12年5月 仕組債プライサーシステムの構築受注(大手銀行系証券子会社)
平成12年9月 仕組債プライサーシステムのパッケージ展開開始
平成12年9月 取締役メンバーの改組と執行役員制度導入
平成13年3月 「シンプレクス・リスクマネジメント・リミテッド(香港)」を清算
平成13年3月 「トリナバム・ソフトウェア・プライベート・リミテッド(インド)」(現連結子会社)を設立
平成13年4月 「株式会社シンプレクス・コンサルティング」を「株式会社シンプレクス・ビジネス・ソリューション」(現連結子会社)へと社名変更
平成14年2月 ジャスダックに株式を上場
平成14年4月 本店を東京都港区に移転
平成16年5月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
平成16年6月 本店を東京都中央区に移転
平成16年9月 「株式会社シーエムディーリサーチ」(現持分法適用関連会社)の株式取得
平成17年9月 東京証券取引所市場第一部に株式を上場