テスク
本店:名古屋市熱田区三番町21番8号

【商号履歴】
株式会社テスク(1974年4月10日~)

【株式上場履歴】
<名証2部>2002年3月18日~

【沿革】
昭和49年4月 会社設立(資本金260万円、名古屋市熱田区森後町)。
昭和49年10月 小売店向け営業管理システムを開発、中小スーパーマーケットを中心にオフラインによる受託計算業務の営業活動を開始する。
昭和50年7月 本社を名古屋市港区当知町字八丁東405番地へ移転する。
昭和51年11月 本社を名古屋市港区当知町字八丁東415番地の1へ移転する。
昭和54年8月 オンラインによる受託計算業務を開始する。
昭和55年9月 IBMシリーズ/1を導入、オンライン受・発注システムの受託計算業務を開始する。
昭和56年6月 IBMシステム/38を導入し、処理能力を向上させ、受託量の増大に対処する。
昭和58年4月 チェーンストア向け、部門別管理システム「ADAMS」を開発・販売開始する。
昭和60年11月 東京営業所(現・東京事業所)を開設し、関東地区並びに関東以北の基盤拡大を図る。
昭和61年9月 新社屋完成、現住所に本社を移転する(名古屋市熱田区三番町)。
昭和62年4月 IBMシステム/36による卸売業総合情報処理システム「GROWBS」を開発・販売開始する。
昭和63年1月 「ADAMS」に補充・発注、POS運用支援機能を付加したチェーンストア基幹業務システム「CHAINS」を開発、日本アイ・ビー・エム株式会社へ非独占的販売権を譲渡する。
昭和63年9月 IBM AS/400(現・e server iSeries 400)を導入し、「CHAINS」のAS/400対応版を開発する。
昭和63年12月 「GROWBS」のAS/400対応版「GROWBSⅡ」を開発する。
平成元年3月 日本IBMビジネス・パートナーとして、中小型製品(AS/400及び端末機が中心)の販売を開始する。
平成8年4月 東京営業所(現・東京事業所)を拡張移転する(東京都港区芝)。
平成9年9月 日本IBMビジネス・パートナー18社の共同出資によるパッケージ・ソフトウェア「e-PACK」の開発会社である株式会社エル・ディー・エフの設立に参加する。
平成12年12月 「G-PACK(e-PACKベースの卸売業総合情報処理システム)」を開発、出荷開始する。
平成14年3月 名古屋証券取引所市場第二部に株式を上場。