ビオフェルミン製薬
本店:神戸市長田区三番町五丁目5番地

【商号履歴】
ビオフェルミン製薬株式会社(1949年3月~)
株式会社神戸衛生実験所(1917年2月12日~1949年3月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2013年7月16日~
<大証1部>2003年9月1日~2013年7月15日(東証に統合)
<大証2部>1961年10月2日~2003年8月31日(1部指定)

【沿革】
当社は、大正6年2月医薬品の製造販売を目的として設立され、活性乳酸菌・糖化菌製剤“ビオフェルミン”の製造を始めました。また、その販売は株式会社武田長兵衛商店(現在の武田薬品工業株式会社)に委託しております。爾来今日まで商号の変更はありましたが、主として乳酸菌製剤の製造販売を営み現在に至っております。
大正6年2月 神戸市中央区北長狭通5丁目に於て、資本金10万円にて株式会社神戸衛生実験所として設立する。
大正8年5月 神戸市長田区二番町2丁目1番地に移転する。
昭和16年2月 東京に東京出張所を開設する。
昭和24年3月 株式会社神戸衛生実験所をビオフェルミン製薬株式会社と現商号に変更する。
昭和36年10月 株式を大阪証券取引所市場第2部に上場する。(上場時 資本金 1億5,000万円)
昭和59年8月 東京出張所を東京営業所に名称変更する。
平成7年1月 阪神・淡路大震災により本社及び工場の倒壊等の大被害を受ける。
平成8年3月 本社を神戸市長田区二番町2丁目1番地より同三番町五丁目5番地に新築移転する。
平成8年3月 工場を神戸市長田区二番町2丁目1番地より神戸市西区井吹台東町七丁目3番4に神戸工場として新築移転する。
平成11年4月 東京営業所を東京支店に呼称変更する。
平成15年9月 大阪証券取引所市場第2部より、大阪証券取引所市場第1部へ上場する。