日医工
本店:富山市総曲輪一丁目6番21

【商号履歴】
日医工株式会社(2005年6月~)
日本医薬品工業株式会社(1978年12月~2005年6月)
株式会社田村薬品(1947年9月15日~1978年12月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2010年12月1日~
<大証1部>2006年11月1日~2011年12月18日(上場廃止申請)
<名証1部>2006年11月1日~2011年12月1日(上場廃止申請)
<大証2部>1981年11月10日~2006年10月31日(1部指定)
<名証2部>1980年7月 日~2006年10月31日(1部指定)

【合併履歴】
2005年4月 日 日本ガレン株式会社
1985年6月 日 東京医薬品工業株式会社
1978年12月 日 日本医薬品工業株式会社
1978年12月 日 株式会社日医工
1978年12月 日 株式会社日医工物産
1978年12月 日 株式会社内外薬学研究所

【沿革】
昭和40年7月 日本医薬品工業株式会社(資本金150万円、富山市大泉壱区中部1565の1)を設立し、医薬品の販売を開始。
昭和41年1月 本社を富山市針原中町に移転。
昭和41年9月 本社を京都市東山区山科東野井上町に移転。
昭和42年6月 富山工場を建設し、医薬品の製造開始。
昭和42年7月 内外医師新薬株式会社を吸収合併。
昭和45年6月 滑川第一工場を建設し、医薬品の製造開始。
昭和47年4月 総合研究所を設置。
昭和49年10月 富山市総曲輪に本社ビルを建設し、本社を同所に移転。
昭和51年9月 滑川第一工場内に抗生物質工場を建設し、製造開始。
昭和52年8月 富山工場内に新注射薬工場を建設し、製造開始。
昭和53年2月 滑川第一工場内に坐薬工場を建設し、製造開始。
昭和53年12月 株式額面変更のため、株式会社田村薬品(形式上の存続会社、昭和22年9月15日設立)と合併。関連事業会社の株式会社日医工、株式会社日医工物産、株式会社内外薬学研究所を吸収合併。
昭和55年7月 名古屋証券取引所に株式を上場(市場第二部)。
昭和55年8月 富山工場内に注射薬の抗生物質工場を建設し、製造開始。
昭和55年11月 滑川第一工場内に製剤工場を建設し、製造開始。
昭和56年10月 滑川第一工場内に合成工場を建設し、製造開始。
昭和56年11月 大阪証券取引所に株式を上場(市場第二部)。
昭和58年3月 滑川第一工場に隣接し、新総合研究所を設置。
昭和60年6月 東京医薬品工業株式会社を吸収合併。
昭和61年10月 南砺工場(旧福野工場)を建設し、医薬品の製造開始。
平成8年8月 滑川第二工場(旧安田工場)を建設し、医薬品の製造開始。
平成10年9月 株式会社日医工ナイガイ、株式会社日医工関西、株式会社日医工東京の3社より、営業の一部譲り受け。
平成13年5月 日本たばこ産業株式会社より一部OTC事業を承継。
平成15年5月 滑川第二工場に隣接し、新物流センターを設置。
平成16年11月 マルコ製薬株式会社より特約店販売事業を譲受。
平成17年4月 マルコ製薬株式会社を株式取得により連結子会社化。
平成17年4月 日本ガレン株式会社を吸収合併。
平成17年6月 日本医薬品工業株式会社から日医工株式会社に商号変更。
平成17年12月 オリエンタル薬品工業株式会社を株式取得により連結子会社化。
平成18年6月 滑川第一工場内に製剤開発センターを設置。
平成18年11月 大阪証券取引所及び名古屋証券取引所の市場第一部銘柄に指定。