三笠製薬
本店:東京都練馬区豊玉北二丁目3番1号

【商号履歴】
三笠製薬株式会社(1948年12月24日~)

【株式上場履歴】
<ジャスダック>2004年12月13日~2009年2月16日(株式会社ミカサが全部取得)
<店頭>1980年9月 日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【合併履歴】
2009年4月1日 株式会社ミカサ

【沿革】
昭和23年12月 甲木保、緒方村男が経営する「三笠製薬所」を株式会社に改組、湿布薬ゼノールの製造販売を継承。本社および工場を東京都板橋区(現練馬区)におく
昭和26年12月 本社を東京都中央区に移転
昭和35年7月 東京営業所(現東京支店)を設置
昭和39年8月 大阪出張所(現大阪支店)を設置
昭和39年10月 福岡出張所(現福岡支店)を設置
昭和40年10月 札幌駐在所(現札幌支店)を設置
昭和42年1月 本社を東京都練馬区に移転
昭和42年3月 名古屋出張所(現名古屋支店)を設置
昭和45年11月 仙台出張所(現仙台支店)を設置
昭和47年4月 広島出張所(現広島支店)を設置
昭和47年9月 静岡県に大浜工場(現掛川工場)を設置
昭和52年7月 練馬工場を廃止
昭和55年9月 店頭売買登録銘柄(社団法人日本証券業協会東京地区協会)として登録
昭和60年5月 積水化学工業株式会社と業務提携(共同開発、販売提携等)
昭和61年4月 一般用医薬品を自社販売に移行
昭和61年9月 東洋血清㈱を100%子会社とし同社の本社を東京都練馬区に移転
昭和63年6月 第1回物上担保附転換社債20億円を一般募集により発行
昭和63年7月 掛川工場内に第五工場および物流センターを新設
昭和63年10月 医療用医薬品を自社販売に移行し、全製商品の自社販売体制を確立
平成元年5月 新潟営業所(現信越支店)および東京第三営業所(北関東支店)を設置
平成5年4月 東洋血清㈱を東洋バイオ㈱に商号変更
平成5年12月 第2回無担保転換社債20億円を一般募集により発行
平成7年2月 中外製薬株式会社と業務提携(共同開発、販売提携等)
平成8年3月 一般用医薬品を中外製薬株式会社に販売移行
平成12年9月 「ISO14001」の認証取得(掛川工場)
平成14年12月 「ISO9001」の認証取得
平成15年4月 北関東支店を東京支店に統合
平成16年12月 株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成16年12月 中外製薬株式会社との業務提携(共同開発、販売提携等)を解除
平成17年1月 大鵬薬品工業株式会社と業務提携(販売提携)
平成17年4月 大正製薬株式会社と業務提携(販売提携)
平成18年5月 中国 北京泰徳制葯有限公司と共同開発契約