※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

栄研化学
本店:東京都文京区本郷一丁目33番8号

【商号履歴】
栄研化学株式会社(1969年2月~)
日本栄養化学株式会社(1946年4月~1969年2月)
株式会社興亜栄養化学研究所(1940年8月~1946年4月)
興亜化学工業株式会社(1939年2月20日~1940年8月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2002年3月1日~
<東証2部>1990年1月29日~2002年2月28日(1部に指定替え)

【沿革】
昭和14年2月 興亜化学工業株式会社(東京都葛飾区本田町133番地)を資本金5万円をもって創立し家畜臓器を原料とする栄養食品の製造販売開始。
昭和15年8月 株式会社興亜栄養化学研究所と社名変更。
昭和16年4月 臓器系医薬品の製造販売を開始する目的で医薬品製造業者、薬種商の免許取得。
昭和18年5月 第三者割当によって田辺製薬㈱が資本参加。
昭和21年4月 日本栄養化学株式会社と社名変更。
昭和25年4月 SS寒天培地(赤痢菌等の検索)の製品化に成功し、わが国の防疫、公衆衛生の普及、発展に貢献。
昭和36年5月 臨床検査薬部門を開設し、臨床検査薬の研究開発開始。
昭和40年9月 野木工場(栃木県野木町)第1期工事が完成し生産開始。
昭和44年2月 創立30周年記念に当たり、栄研化学株式会社と社名変更。
昭和50年2月 王子事業所(東京都北区)が完成し業務開始。
昭和54年6月 東金工場(千葉県東金市)が完成し生産開始。
昭和55年8月 本社新社屋(東京都文京区)が完成し業務開始。
昭和59年4月 那須工場(栃木県大田原市)第1期工事が完成し生産開始。
昭和62年3月 那須工場第2期工事が完成し生産開始。
昭和62年12月 栄研器材株式会社に資本参加。
平成元年6月 野木工場第8工場(免疫血清製剤工場)が完成し生産開始。
平成2年1月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
平成2年5月 東京事業所(東京都墨田区)開設。
平成3年9月 株式会社栄研ミリオンスタッフを設立。
平成4年6月 生物化学研究所(栃木県野木町)が完成し業務開始。
平成8年9月 那須工場第2工場第1期工事が完成し生産開始。
平成13年9月 株式会社栄研ロジスティクスサービスを設立。
平成14年3月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定。
平成16年2月 物流管理センター(栃木県野木町)が完成し業務開始。
平成16年9月 栄研生物科技(上海)有限公司を設立。
平成18年8月 栄研生物科技(上海)有限公司の工場が竣工。
平成18年10月 株式会社栄研ミリオンスタッフが株式会社ロジスティクスサービスを吸収合併。