※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東和薬品
本店:大阪府門真市新橋町2番11号

【商号履歴】
東和薬品株式会社(1957年4月19日~)

【株式上場履歴】
<東証1部>2005年3月1日~
<東証2部>2004年4月5日~2005年2月28日(1部に指定替え)
<店頭>1994年7月29日~2004年4月4日(東証2部に上場)

【合併履歴】
1992年10月 日 平成製薬株式会社
1989年4月 日 東和薬販株式会社
1989年4月 日 阪神東和薬販株式会社
1989年4月 日 東和薬品東京販売株式会社

【沿革】
昭和32年4月 大阪市東区に、医薬原料の卸売業を目的として東和薬品株式会社(資本金100万円)を設立。
昭和32年9月 大阪市城東区に蒲生工場を建設し、一般用医薬品の製造を開始。
昭和39年1月 大阪府寝屋川市に寝屋川工場を建設。
昭和39年5月 蒲生工場を閉鎖。寝屋川工場へ統合。
昭和40年12月 保険医薬の将来性に着目し、医療用医薬品の製造販売に転換。
昭和44年10月 大阪東和薬販株式会社を設立。
昭和49年4月 大阪府門真市に新社屋を建設。本社機能を移転。
昭和49年10月 阪神東和薬販株式会社を設立。
昭和50年1月 大阪府門真市に門真工場を建設。
昭和50年10月 株式会社東幸薬品を買収。東京地区における直販会社とする。
昭和53年3月 本社敷地内に大阪工場を建設。
昭和53年6月 大阪府門真市に研究所を建設。
昭和53年8月 大阪府門真市に配送センターを建設。
昭和53年12月 寝屋川工場を閉鎖。大阪工場と門真工場へ統合。
昭和57年3月 大阪府門真市に包装専門工場として大阪第二工場を建設。
昭和57年10月 株式会社東幸薬品を東和薬品東京販売株式会社と商号変更。
昭和58年10月 岡山県勝田郡勝央町に岡山工場を建設。
昭和59年9月 合名会社別府温泉化学研究所を買収し、大分工場として注射薬の製造を開始。
昭和62年7月 門真工場を閉鎖。大阪工場及び岡山工場へ統合。
昭和63年6月 大阪東和薬販株式会社を東和薬販株式会社と商号変更。
平成元年3月 決算期を9月から3月に変更。(第33期営業年度は6か月決算となる。)
平成元年4月 東和薬販㈱、阪神東和薬販㈱、東和薬品東京販売㈱の3社を吸収合併。
平成2年2月 大分工場を分離し、平成製薬株式会社(100%出資)設立。
平成4年10月 平成製薬株式会社を吸収合併し、大分工場とする。
平成6年7月 当社株式を店頭売買銘柄として日本証券業協会に登録。
平成9年5月 本社を大阪府門真市新橋町に移転。(現在地)
平成10年5月 大阪府門真市に中央研究所を新設。(旧研究所は製剤研究所とする。)
平成10年10月 メクト株式会社東北工場を買収し、山形工場とする。
平成15年10月 ジェイドルフ㈱(現ジェイドルフ製薬㈱)の株式を100%取得し、連結子会社とする。
平成16年4月 東京証券取引所市場第二部上場。
平成17年3月 東京証券取引所市場第一部に指定。
平成18年3月 大阪府門真市に大阪新工場を建設。