※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アンジェスMG
本店:大阪府茨木市彩都あさぎ七丁目7番15号彩都バイオインキュベータ4階

【商号履歴】
アンジェスMG株式会社(2004年3月~)
アンジェスエムジー株式会社(2001年10月~2004年3月)
メドジーンバイオサイエンス株式会社(2000年6月~2001年10月)
株式会社メドジーン(1999年12月17日~2000年6月)

【株式上場履歴】
<東証マザーズ>2002年9月25日~

【沿革】
平成11年12月 遺伝子治療薬、核酸医薬及び遺伝子の機能解析を行う研究用試薬の研究開発を目的として、大阪府和泉市に株式会社メドジーンを設立。
平成12年6月 商号をメドジーン バイオサイエンス株式会社に変更。
平成12年8月 HVJ-E非ウイルス性ベクターの製造・販売に関し、石原産業株式会社と提携。
平成13年1月 大阪府池田市に池田ラボを開設。
平成13年1月 東京都港区に東京支社を開設。
平成13年1月 HGF遺伝子治療薬(末梢性血管疾患分野)の国内販売に関し、第一製薬株式会社と提携。
平成13年7月 本社を大阪府豊中市に移転。
平成13年10月 商号をアンジェス エムジー株式会社に変更。
平成13年10月 米国での臨床開発を目的として、米国メリーランド州にアンジェス インク(連結子会社)を設立。
平成14年4月 HGF遺伝子治療薬の末梢性血管疾患分野における米国及び欧州、並びに虚血性心疾患分野における日本、米国及び欧州の販売に関し、第一製薬株式会社と提携。
平成14年6月 欧州での臨床開発を目的として、英国サセックス州にアンジェス ユーロ リミテッド(連結子会社)を設立。
平成14年7月 治療用及び診断用遺伝子の発見・創薬を目的として、大阪府豊中市にジェノミディア株式会社(連結子会社)を設立。
平成14年9月 東京証券取引所マザーズに上場。
平成15年2月 アンジェス ユーロ リミテッドが本社を英国サリー州に移転。
平成15年5月 血管再狭窄予防を目的としたNFκBデコイオリゴのコーティング・ステントに関して株式会社グッドマンと提携。
平成15年9月 会社分割制度を用いてグループ内の組織再編を行い、グループ内(当社及び連結子会社のジェノミディア株式会社)に分散するHVJ-E非ウイルス性ベクター事業に関する人材、資産、知的財産権をジェノミディア株式会社に集約化。
平成16年3月 商号をアンジェス MG株式会社に変更。
平成16年9月 本社及び研究所を大阪府茨木市に移転。ジェノミディア株式会社が本社を大阪府茨木市に移転。
平成17年6月 NFκBデコイオリゴのアトピー性皮膚炎分野において、アルフレッサファーマ株式会社と共同開発契約を締結
平成18年5月 遺伝子治療薬(Allovectin-7®)に関して、バイカル インク(米国)と研究開発契約及び同社に対する出資契約を締結