※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オンコセラピー・サイエンス
本店:川崎市高津区坂戸三丁目2番1号

【商号履歴】
オンコセラピー・サイエンス株式会社(2001年4月6日~)

【株式上場履歴】
<東証マザーズ>2003年12月8日~

【沿革】
平成13年4月 癌関連遺伝子及び遺伝子産物を利用した癌治療薬、癌治療法及び癌診断薬の研究開発を目的として、東京都港区芝に設立。
平成13年5月 東京大学医科学研究所と共同研究を開始。
平成13年11月 東京都港区白金台に本店移転。
平成14年6月 株式会社医学生物学研究所と癌関連遺伝子を利用した癌の診断薬及び研究用試薬の研究開発で提携。
平成14年7月 萬有製薬株式会社より肝臓癌に対する低分子化合物の治療薬開発のためのスクリーニング系の作製を受託。
平成14年8月 塩野義製薬株式会社と癌関連遺伝子情報を利用した肺癌、前立腺癌及び乳癌に対する低分子化合物の治療薬の研究開発で提携。
平成14年10月 東京都港区の本店所在地に自社の研究所を開設。
平成15年9月 三共株式会社と肺癌の抗体医薬による治療薬の研究開発で提携。
平成15年9月 株式会社医学生物学研究所及び同社子会社である株式会社抗体研究所の3社間で、当社の研究成果である癌関連遺伝子情報をもとに、医学生物学研究所グループが有する抗体作製技術を用いて、制癌作用を有する抗体医薬の医薬品候補物質を共同で開発する旨の共同研究契約を締結。
平成15年10月 大塚製薬株式会社と大腸癌に対する癌ワクチンの研究開発で提携。
平成15年11月 株式会社パルマビーズ研究所、三光純薬株式会社、及びエーザイ株式会社との間で、診断薬開発を目的に、肺癌関連遺伝子情報の提供にかかる契約を締結。
平成15年12月 東京証券取引所マザーズ市場に上場。
平成16年3月 株式会社ヤクルト本社との間で肺癌を対象とした治療用抗体医薬の研究開発にかかる契約を締結。
平成16年6月 株式会社クレハとの間で膵臓癌を対象とした治療用抗体医薬の研究開発にかかる契約を締結。
平成16年8月 抗体医薬の商業化(開発・販売)を目的として株式会社医学生物学研究所と合弁にてイムナス・ファーマ株式会社を設立。
平成17年3月 本社及び本社ラボ施設を神奈川県川崎市高津区に移転し、同所に創薬研究所を開設。
平成17年4月 扶桑薬品工業株式会社との間で新生血管阻害剤OTS102の日本国内における販売権を、扶桑薬品工業株式会社に供与する契約を締結。
平成18年3月 新生血管阻害剤OTS102の第Ⅰ相臨床試験の治験計画届を提出。
平成18年6月 ペプチド・ワクチンの開発を目的として、連結子会社となるワクチン・サイエンス株式会社を設立
平成18年6月 各種治験、臨床研究等のサポート業務を目的として、徳洲会グループと合弁で、株式会社未来医療研究センターを設立
平成18年12月 扶桑薬品工業株式会社との間で新生血管阻害剤OTS102の日本国内における販売権を、扶桑薬品工業株式会社に供与する契約について、新たな癌種への適応拡大の契約を締結。