※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ナノキャリア
本店:千葉県柏市柏の葉五丁目4番地19

【商号履歴】
ナノキャリア株式会社(1996年6月14日~)

【株式上場履歴】
<東証マザーズ>2008年3月5日~

【沿革】
平成8年6月 ナノテクノロジーを利用したミセル化ナノ粒子を医薬品開発に応用・実用化することを目的として、ナノキャリア株式会社を東京都世田谷区に設立
平成9年8月 日本油脂株式会社と新規ブロックコポリマーの共同開発契約を締結(その後、平成15年12月15日にポリマーの独占的製造供給に関する契約を締結)
平成11年10月 千葉県柏市の東葛テクノプラザ内に本社を移転し、研究所を開設
平成13年1月 株式会社先端科学技術インキュベーションセンター(現:株式会社東京大学TLO)と「シスプラチン内包高分子ミセル」に関する実施許諾契約書を締結
平成14年6月 日本化薬株式会社とパクリタキセルミセルに関する実施許諾基本契約を締結
平成14年11月 当社が有するミセル化ナノ粒子技術とキリンビール株式会社(現:キリンファーマ株式会社)が有するヒト抗体を融合し、抗体結合型ミセルによる抗がん剤(NC-4010)開発のための共同研究契約書を締結
平成15年7月 東京都中央区に東京オフィスを開設
平成16年5月 国内においてライセンスアウト先の日本化薬株式会社がパクリタキセルミセル(NK105)の第Ⅰ相臨床試験開始
平成16年5月 国立大学法人東京大学及び株式会社東京大学TLOと「ジアミノシクロヘキサン白金(II)とポリ(カルボン酸)セグメント含有ブロック共重合体との配位錯体、その抗腫瘍剤」に関する実施許諾契約書を締結
平成16年8月 千葉県柏市の東大柏ベンチャープラザ内に本社及び研究所を移設・拡充
平成17年3月 スイスのDebiopharm S.A.と、当社が有するミセル化ナノ粒子技術によるダハプラチン誘導体ミセル(NC-4016)の共同研究に関するRESEARCH COLLABORATION AND OPTION AGREEMENTを締結
平成17年7月 株式会社東京大学TLOと「各種固形がんを治療するための有用性の高い創薬の開発」を目的とした共同研究契約書を締結
平成18年5月 英国においてシスプラチン誘導体ミセルであるナノプラチン®(NC-6004)の第I相臨床試験開始
平成18年6月 キリンビール株式会社(現:キリンファーマ株式会社)と抗体結合型ミセルによる新規抗がん剤(NC-4010(注))開発のための、新規の共同研究契約書を締結
平成18年7月 株式会社東京大学TLOと「静電結合型高分子ミセル薬物担体とその薬剤」に関する独占ライセンス契約を締結
平成18年8月 独立行政法人科学技術振興機構と「物理吸着型高分子ミセル医薬」特許に関して、パクリタキセルミセル(NK105)の研究、開発及び販売を行うための新技術開発あっせん契約書(ライセンス契約)を締結
平成19年2月 国立大学法人東京大学及び株式会社東京大学TLOと「pH応答性高分子ミセルの調製に用いる新規ブロック共重合体及びその製造法」に関する独占ライセンス契約を締結
平成19年10月 Debiopharm S.A.とダハプラチン誘導体ミセル(NC-4016)のライセンス及び供給に関するLICENSE AND SUPPLY AGREEMENTを締結
平成19年11月 日本化薬株式会社がパクリタキセルミセル(NK105)の第Ⅱ相臨床試験開始