※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

電通テック
本店:東京都中央区築地一丁目11番10号

【商号履歴】
株式会社電通テック(1996年4月1日~)
株式会社電通アクティス(1990年8月~1996年4月1日)
電通印刷株式会社(1983年1月~1990年8月)
株式会社電通印刷所(1950年8月14日~1983年1月)

【株式上場履歴】
<ジャスダック>2004年12月13日~2006年3月28日(株式会社電通と株式交換)
<店頭>1997年9月17日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【合併履歴】
1996年4月1日 株式会社電通プロックス
1996年4月1日 株式会社電通コーテック
1996年4月1日 株式会社電通アクティス

【沿革】
昭和18年8月 株式会社電通は、日本映画科学研究所、京都映音研究所、合同映画社を吸収して株式会社電通映画社(資本金1,200千円、東京都蒲田区)を設立する。
昭和25年8月 株式会社電通は、株式会社電通印刷所(資本金1,000千円、東京都千代田区)を設立し、同所に本社工場を設置し商業印刷物の製造を開始する。
昭和25年11月 株式会社電通映画社は、民放開局と産業映画の復興の中で、日本初のムービーアドを制作する。
昭和27年4月 株式会社電通は、株式会社大阪電通印刷所(資本金3,000千円、大阪市西区)を設立する。
昭和28年8月 株式会社電通映画社は、日本初のテレビコマーシャル、精工舎(現・セイコー株式会社)の時報コマーシャルを制作する。
昭和31年9月 株式会社電通は、株式会社電通製版所(資本金10,000千円、東京都中央区)を設立する。
昭和42年6月 築地工場を東京都中央区に設置する。
昭和43年5月 株式会社大阪電通印刷所は、商号を株式会社電通印刷に変更する。
昭和45年12月 定款の事業目的に「宣伝物の制作」を加える。
昭和48年1月 展示物制作部門への営業領域の拡大を計画、ディスプレイ部を新設する。
昭和51年2月 本社工場(東京都千代田区)を東京都品川区に移転し、品川工場とする。
昭和54年9月 株式会社電通映画社は、イベントに特化した事業制作室を設置する。
昭和55年5月 株式会社電通印刷は、定款の事業目的に「宣伝物の制作」を加える。
昭和58年1月 商号を電通印刷株式会社に変更する。
昭和59年11月 株式会社電通映画社は、株式会社照研(現・連結子会社)の株式を取得する。
昭和62年7月 株式会社電通製版所は、商号を株式会社電通コーテックに変更する。
昭和62年10月 スペースデザイン室を新設し、商空間及びCIサイン、屋外のメディアの企画開発を新規事業として展開する。
昭和63年8月 株式会社電通映画社は、商号を株式会社電通プロックスに変更する。
平成元年4月 北海道連絡部(平成8年4月札幌支社として昇格)を札幌市中央区に、名古屋連絡部(平成8年4月名古屋支社として昇格)を名古屋市中区に設置する。
平成2年4月 株式会社電通印刷は、製版及びデザイン制作のデジタル化の推進を図る。
平成2年8月 商号を株式会社電通アクティスに変更する。
平成2年8月 株式会社電通印刷は、商号を株式会社電通アクティスに変更する。
平成4年6月 株式会社電通コーテックは、活字組版業務を廃止し、代替に写植作業へ転換する。
平成4年8月 株式会社電通プロックスは、株式会社照研の株式を追加取得し、子会社とする。
平成7年11月 株式会社電通プロックス、株式会社電通コーテック、株式会社電通アクティス(大阪)との4社合併契約を平成7年11月1日付で締結する。
平成8年1月 株式会社電通プロックスは、株式会社照研の株式を追加取得し、100%子会社とする。
平成8年4月 株式会社電通プロックス、株式会社電通コーテック、株式会社電通アクティス(大阪)を吸収合併し、商号を株式会社電通テックに変更する。大阪支社(大阪市北区)及び福岡支社(福岡市中央区)を設置する。
平成9年9月 日本証券業協会に店頭登録銘柄として登録する。
平成10年7月 株式会社照研(現・連結子会社)、商号を株式会社ピクトに変更する。
平成10年10月 基幹情報システムSAP R/3を導入し業務の合理化、効率化を推進する。
平成11年6月 経営の意思決定と執行の分離による取締役会の活性化のため、執行役員制度を導入する。
平成13年1月 米国ハワイ州にDentsu Tec Hawaii, Inc.(非連結子会社、持分法非適用会社)を設立する。
平成13年4月 株式会社デジタルパレット(現・持分法適用関連会社)を設立する。
平成13年12月 「ISO9001」の認証を取得する。「プライバシーマーク」の認定を受ける。株式会社ニューソフトプロダクション(非連結子会社、持分法非適用会社)を清算する。
平成14年2月 「ISO14001」の認証を取得する。
平成14年4月 中国北京市に中影電通太科広告有限公司(現・非連結子会社、持分法非適用会社)を設立する。
平成15年5月 東京都中央区築地一丁目11番10号に本店を移転する。
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
平成17年3月 「BS7799」及び「ISMS認証基準」の認証を取得する。
平成17年4月 株式会社デジタルパレットは、同社を存続会社として株式会社アール・ツー・イノベーションと合併し、当社の議決権の所有割合が変更になったため連結子会社から持分法適用関連会社となる。
平成17年11月 株式会社電通の完全子会社となる株式交換契約を締結する。
平成18年3月 株式交換による株式会社電通の完全子会社化に伴い、ジャスダック証券取引所の上場廃止。