※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルゴ21
本店:東京都中央区勝どき六丁目1番15号

【商号履歴】
株式会社アルゴ21(2003年6月25日~2008年4月1日キヤノンシステムソリューションズ株式会社に合併)
株式会社アルゴ二十一(2000年9月1日~2003年6月25日)
株式会社アルゴテクノス二十一(1991年5月27日~2000年9月1日)
イナセキ資材株式会社(1978年7月12日~1991年5月27日)

【株式上場履歴】
<東証1部>2000年9月1日~2007年10月26日(キヤノンマーケティングジャパン株式会社と株式交換)
<東証2部>1999年5月14日~2000年8月31日(1部指定)
<店頭>1997年11月21日~1999年5月13日(東証2部に上場)

【合併履歴】
2004年4月 日 株式会社アルゴコンサルティングサービス
1992年4月1日 株式会社アルゴテクノス二十一

【沿革】
当社(形式上の存続会社、昭和53年7月12日イナセキ資材株式会社として設立、平成3年5月27日商号を株式会社アルゴテクノス二十一に変更(平成12年9月より株式会社アルゴ二十一に商号変更し、平成15年6月より株式会社アルゴ21に商号変更)、同日に本店を東京都中央区から東京都港区に移転、額面金額50円)は、株式会社アルゴテクノス二十一(昭和59年4月18日設立、本店所在地東京都中央区、額面金額50,000円)の株式の額面金額を変更するため、平成4年4月1日を合併期日として同社を吸収合併し、同社の資産、負債及び権利義務の一切を引き継ぎました。合併前の当社は休業状態であり、法律上消滅した株式会社アルゴテクノス二十一が実質上の存続会社でありますので、別段の記載がない限り、合併期日までは実質上の存続会社について記載いたします。なお、事業年度の期数は、実質上の存続会社の期数を継承しておりますので、平成4年4月1日から始まる事業年度を第9期といたします
昭和59年4月 情報産業界がメインフレーム中心からソフトウェア重点へと著しく変化する中で、「システムインテグレータ」として21世紀の高度情報社会に貢献することを目的として、「株式会社アルゴ二十一」を設立。
昭和60年2月 ソニー株式会社及びセイコー電子工業株式会社(現 セイコーインスツル株式会社)との共同出資で、コンピュータグラフィックス関連システムの開発・販売を主目的とした「株式会社アルゴグラフィックス」(持分法適用関連会社)を設立。
昭和60年10月 日本テクノシステム株式会社と共同出資で、三菱電機製オフコンの販売を主目的とした「株式会社マーテック二十一」を設立。
昭和63年12月 「システムインテグレータ企業」として通商産業省(現経済産業省)より認定される。
平成元年7月 システムインテグレータとしての企業基盤の強化を図るため、「日本テクノシステム株式会社」と合併し、「株式会社アルゴテクノス二十一」に商号変更。
平成元年10月 「株式会社マーテック二十一」(連結子会社)の営業の全部を譲受。
平成4年4月 額面変更のため子会社の「株式会社アルゴテクノス二十一」(所在地:東京都港区)と合併。
平成4年5月 いわき工場(開発センター)が竣工、営業を開始。(所在地:福島県いわき市好間工業団地)
平成9年11月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
平成10年11月 「株式会社アルゴグラフィックス」日本証券業協会に株式を店頭登録。
平成11年4月 「エス・エス・ジェイ株式会社」(連結子会社)の株式取得。
平成11年5月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
平成12年3月 「株式会社マーテック二十一」による「株式会社内外データサービス」(連結子会社)の株式取得。
平成12年4月 「株式会社マーテック二十一」と「株式会社内外データサービス」が合併し、「株式会社アルゴインテリジェントサービス」(連結子会社)に商号変更。
平成12年9月 「株式会社アルゴ二十一」に商号変更。東京証券取引所市場第一部に指定。
平成13年1月 「株式会社システムイン」(連結子会社)の株式取得。
平成13年4月 「株式会社システムイン」を「株式会社アルゴコンサルティングサービス」に商号変更。
平成14年3月 「住金物産情報システム株式会社」(連結子会社)の株式取得。
平成14年7月 「住金物産情報システム株式会社」(連結子会社)を吸収合併。
平成14年8月 「株式会社コムニック創研」(連結子会社)の株式取得。「株式会社アルゴエデュケーションサービス」を設立。
平成14年9月 「株式会社コムニック創研」を「株式会社アルゴシステム創研」に商号変更。
平成15年6月 「株式会社アルゴ21」に商号変更。
平成16年2月 「株式会社アルゴグラフィックス」(持分法適用関連会社)が東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
平成16年4月 「株式会社アルゴコンサルティングサービス」(連結子会社)を吸収合併。
平成16年7月 「デジタルエンジニアリング事業」を「株式会社アルゴグラフィックス」(持分法適用関連会社)に営業譲渡。
平成16年10月 「マルチベンダーサービス(パソコンの保守サービス)事業」の一部を「日本オフィス・システム株式会社」に営業譲渡。
平成17年3月 「株式会社アルゴグラフィックス」(持分法適用関連会社)が東京証券取引所市場第一部に指定。
平成17年11月 「株式会社アルゴシステム創研」の全株式を「フジデジタルイメージング株式会社」へ譲渡。
平成18年1月 「エス・エス・ジェイ株式会社」に3億円増資。
平成18年2月 株式持分減少により、「株式会社シー・フォーカス」を持分法適用関連会社から除外。
平成18年3月 「シーディーシーソリューションズ株式会社」の全株式を「ウッドランド株式会社」へ譲渡。
平成18年10月 「エヌ・アール・アイ・ガーデンネットワーク株式会社」(連結子会社)の株式取得。「エヌ・アール・アイ・ガーデンネットワーク株式会社」を「ガーデンネットワーク株式会社」に商号変更。
平成19年2月 会社解散により「株式会社ネクスト・イー・アール・ピー」を持分法適用会社から除外。