東急コミュニティー
本店:東京都世田谷区用賀四丁目10番1号

【商号履歴】
株式会社東急コミュニティー(1970年4月8日~)

【株式上場履歴】
<東証1部>2000年3月1日~2013年9月26日(東急不動産ホールディングス株式会社に株式移転)
<東証2部>1998年11月20日~2000年2月29日(1部指定)

【沿革】
昭和45年4月 不動産管理を主たる事業として、横浜市緑区(現 青葉区)に㈱東急コミュニティーを設立
昭和47年4月 本社を東京都渋谷区に移転
昭和49年8月 大阪市北区に大阪事務所(現 関西事業部)を開設
昭和50年4月 マンション管理費等の収納システムを電算化
昭和54年8月 福岡市博多区に福岡営業所(現 九州支店)を開設
昭和54年10月 札幌市中央区に札幌営業所(現 北海道支店)を開設
昭和55年6月 北海道地区の作業委託子会社として、㈱北海道東急コミュニティー(平成7年7月 北海道東急ビルメンテナンス㈱に商号変更)を設立
昭和55年10月 首都圏の作業委託子会社として、東急ビルメンテナンス㈱を設立
昭和56年4月 賃貸事業部(現 賃貸住宅経営部)を設置
昭和56年4月 建物改修工事業を本格的に開始(建設業の許可を取得、マンション事業部内に営繕工事課《現 リニューアル事業部》を設置)
昭和59年10月 マンション専有部分サービス(室内リフォーム、仲介業)を本格的に開始
昭和63年2月 プラネタリウム運営業務開始(東京都世田谷区教育会館)
平成元年6月 慶応義塾大学湘南藤沢キャンパス管理のため、子会社㈱湘南コミュニティーを設立
平成元年10月 研究開発、情報管理、技術研修の3つの機能をもつ「技術センター」(東京都目黒区)を開設
平成3年4月 「東急コミュニティー高等職業訓練校」を開校(技術センター内)
平成6年8月 本社を東京都世田谷区に移転
平成7年4月 関西地区の作業委託子会社として、関西東急ビルメンテナンス㈱を設立
平成8年12月 関西地域における技術センターとして「技術センターKANSAI」を開設
平成9年1月 ホテルタイプの地域コミュニティー施設「青葉台フォーラム」(横浜市青葉区)開業
平成9年7月 大型複合ビル「クイーンズスクエア横浜」(横浜市西区)の管理開始
平成10年3月 管理会社として初の建替えコンサルティングを行ったマンション「グラン・ジュテ中山」(兵庫県宝塚市)竣工
平成10年11月 東京証券取引所市場第二部に株式上場
平成11年8月 教育研修事業、人材派遣業務を行う子会社として㈱コミュニティースタッフを設立
平成11年11月 シェア拡大による事業基盤強化をめざして㈱ティエスコミュニティー株式を取得
平成12年1月 大阪地区での賃貸業充実のため㈱大阪会館(平成19年4月 ㈱TCフォーラムに商号変更)株式を取得
平成12年3月 東京証券取引所市場第一部に指定
平成12年3月 環境ISO14001認証を取得(ビル総合管理業務 第一ビル営業部用賀事業所《現 第一ビル営業部西南管理センター世田谷ビジネススクエア管理事務所》)
平成12年9月 品質ISO9002(現 ISO9001)認証を取得(マンション管理組合会計業務 IC事業部業務管理部《現 マンションライフ事業部組合会計課・債権管理課》)
平成13年8月 品質ISO9002(現 ISO9001)認証を取得(マンション改修工事 リニューアル部《現 リニューアル事業部》)
平成14年2月 「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」施行に伴う管理業者登録
平成15年5月 マンション文化への取組み体制強化のため「マンション文化センター」を設立
平成15年6月 省エネ・省コスト請負型ビル管理業務を開始(丸栄百貨店)
平成16年12月 (株)東急アメニックスとリフォーム共同事業を開始
平成17年7月 創立35周年を機にコミュニティー形成の必要性をアピールする「Hello,Hello,Hello.」キャンペーンを展開
平成18年3月 参議院新議員会館のPFI事業参画が決定
平成18年3月 北九州空港ターミナルビル(北九州市小倉南区)の管理開始
平成18年5月 マンションライフサポート事業における行動指針である「マンションコミュニティー宣言」を制定、発表