CACHoldings
本店:東京都中央区日本橋箱崎町24番1号

【商号履歴】
株式会社CACHoldings(2014年4月1日~)
株式会社シーエーシー(1994年7月~2014年4月1日)
株式会社コンピュータアプリケーションズ(1966年8月8日~1994年7月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2000年10月30日~
<店頭>1999年7月15日~2000年10月29日(東証1部に上場)

【合併履歴】
1994年7月 日 日本システムサービス株式会社
1994年7月 日 株式会社システムユティリティ

【沿革】
昭和41年8月 コンピュータソフトウエアの受託設計制作および販売を目的として、株式会社コンピュータアプリケーションズを設立。本店を東京都千代田区神田一ツ橋に置く。
昭和46年3月 日本システムサービス株式会社に35%の資本参加をし、当社関係会社とする。事業目的:システム運用管理。
昭和48年10月 株式会社システムユティリティ(資本金500万円)を設立、100%子会社とする。事業目的:システム運用サービス。
昭和51年5月 コンピュータ専用ビル「CAC-FMセンター(飯田橋尚学ビル)」竣工。総合的なシステム運用管理サービスを目的とするファシリティーマネージメント事業を開始。
昭和51年12月 日本システムサービス株式会社に対する出資比率を56%とし、当社子会社とする。事業目的:システム運用管理。
昭和52年6月 関西営業所開設(大阪市西区京町堀)。
昭和63年12月 通産省の「システムインテグレーター認定企業」の認定を受け、以後、連続して認定を受ける。
平成元年7月 Computer Applications(America)Co.,Ltd.(現:CAC AMERICA CORPORATION)(現:連結子会社)設立(米国ニューヨーク市)。
平成2年11月 Computer Applications(Europe)Company Limited(現:CAC EUROPE LIMITED) (現:連結子会社)設立(英国ロンドン市)。
平成3年9月 株式会社エス・シー・アイに資本参加し、当社関係会社とする。事業目的:九州地区のシステム構築サービス。
平成4年11月 本社を一ツ橋センタービルに移転。
平成5年4月 情報システム運用支援を行うデスクトップサービス事業を開始。
平成6年5月 ERPパッケージ(統合業務パッケージ)の販売会社であるSAPジャパンと業務提携。同社製品「R/3」を応用したシステム構築事業を開始。
平成6年7月 子会社2社(日本システムサービス株式会社、株式会社システムユティリティ)を吸収合併。合併と同時に商号を株式会社シーエーシーに変更(旧商号、株式会社コンピュータアプリケーションズ)。合併に伴い、日本システムインフォメーション株式会社を当社子会社とする。事業目的:データエントリ(情報処理システムに対するデータエントリ)
平成7年3月 通産省の「特定システムオペレーション企業」の認定を受け、以後、連続認定を受ける。
平成7年6月 通産省の「情報処理サービス業電子計算機システム安全対策実施事業所」の認定を受ける。以後、連続認定を受け現在に至る。
平成7年9月 日本システムインフォメーション株式会社の商号を株式会社シーエーシー情報サービスに変更。
平成8年9月 分散系システムのアウトソーシングに強みをもつカナダSHL社の子会社・SHLジャパンと業務提携。分散系システムの総合的運用管理を行うNSMサービス事業を開始。
平成9年9月 マイクロソフト ソリューション プロバイダーの「優秀企業賞」を受賞。
平成10年5月 NSMサービス事業のベースとなるNSMセンター開設(東京都中央区新川)。
平成10年7月 社団法人日本オフィスオートメーション協会主催の「第1回ヘルプデスク総合大会」において、「Best Helpdesk of The Year `98」を受賞。
平成11年4月 SAPジャパンの「SAP AWARD OF EXCELLENCE `99」を受賞。
平成11年7月 日本証券業協会に店頭登録銘柄として株式公開。
平成12年3月 システム運用管理サービスの株式会社アークシステム(現:連結子会社)の全株式を取得。事業内容:コンピュータ・システム運用に関するコンサルティング、運用・保守の技術支援。
平成12年5月 CAC PACIFIC CORPORATION(略称:CACパシフィック) (現:連結子会社)を設立。事業目的:環太平洋地域でのインターネット関連事業の推進。
平成12年6月 インターネットを利用したマルチメディア・ビジネス事業を目的として株式会社小学館、日本電気株式会社および当社の合弁で株式会社ウェブプログレッシブを設立。
平成12年7月 希亜思(上海)信息技術有限公司(略称:CAC上海) (現:連結子会社)を設立。事業目的:中国におけるインターネット関連システム開発。
平成12年10月 デジタルコンテンツサービスを行う株式会社ネットアドバンスを株式会社小学館、富士通株式会社および当社の合弁で設立。
平成12年10月 東京証券取引所市場第一部に上場。
平成13年9月 ウェブホスティングサービスの株式会社アヴァンギャルドコンプレックスの全株式を取得。事業内容:電子商取引サイトにおけるコンテンツ開発および受託運用事業。
平成14年3月 高達計算機技術(蘇州)有限公司(現:連結子会社)の登録資本を取得。事業目的:中国におけるシステム・コンサルティング、システム構築等。
平成14年3月 株式会社湯浅ナレッジインダストリ(現:連結子会社。現商号:株式会社シーエーシーナレッジ)を子会社化。事業目的:商社・流通系情報システムの開発・運用管理。
平成14年4月 建設業向け情報システム事業を目的としてシーイーエヌソリューションズ株式会社を日本電気株式会社、株式会社熊谷組および当社の合弁で設立。
平成14年10月 ビジネスモデル構築、支援やシステム・コンサルティング業務を行う株式会社アイ・エックス・アイを子会社化。
平成15年1月 株式会社オルビス(現:連結子会社。現商号:CACオルビス)を子会社化。事業目的:自動車関連事業向けのシステム開発・運用管理。
平成15年12月 株式会社マルハシステムズ(現:連結子会社。現商号:株式会社CACマルハシステムズ)を子会社化。事業目的:情報処理システムの企画、設計、運用。
平成17年3月 ITを活用した価値創造のための調査・分析・コンサルティングを行う株式会社カティエント(現:連結子会社)を設立。
平成17年3月 株式会社シーエーシー情報サービスの保有全株式を譲渡。
平成17年6月 業務委託サービスの運用事業を目的として富士ゼロックス株式会社との合弁により株式会社クロスフォースを設立。
平成17年8月 株式会社アイ・エックス・アイおよび株式会社アヴァンギャルドコンプレックスの保有全株式を譲渡。
平成17年11月 本社を東京都千代田区一ツ橋二丁目4番6号から東京都中央区日本橋箱崎町24番1号に移転。
平成18年7月 経営戦略とITを統合したIT-ROIコンサルティングを目的として株式会社CDIソリューションズを株式会社コーポレイトディレクションおよび当社他の合弁で設立。
平成18年7月 株式会社アームシステックス(現:連結子会社)を子会社化。事業目的:CRO業務および統計解析など新薬開発支援システムの開発・販売。
平成19年3月 株式会社メディカル・エコロジーを子会社化。事業目的:医薬品開発におけるCRO業務(モニタリング)。