※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キヤノン電子テクノロジー
本店:東京都港区海岸一丁目4番8号

【商号履歴】
キヤノン電子テクノロジー株式会社(2012年12月17日)
ASPAC株式会社(2010年7月26日~2012年12月17日)
アジアパシフィックシステム総研株式会社(1997年3月~2010年7月26日)
アジアコンピュータ株式会社(1981年8月~1997年3月)
アジア・コンピュータ・サービス株式会社(1970年4月22日~1981年8月)

【株式上場履歴】
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年1月27日(キヤノン電子株式会社と株式交換)
<店頭>1999年8月5日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【沿革】
昭和45年4月 「アジア・コンピュータ・サービス株式会社」としてデータ入力派遣業務をおこなうため東京都港区西新橋に設立。
昭和47年8月 東京都港区芝西久保巴町に本店移転。
昭和48年8月 ソフトウェア開発事業を開始し、それに伴い東京都中央区銀座に本店移転。
昭和50年5月 グループ会社として「アジアコンピュータ商事株式会社」を設立。
昭和51年6月 東京都大田区田園調布に本店登記を変更。
昭和56年8月 ソフトウェア開発事業の拡充をおこなうためグループ会社であった「アジアコンピュータ商事株式会社」よりソフトウェア開発事業の営業権と要員を譲り受けると同時に、当社のデータ入力部門の営業権と要員を「アジアコンピュータ商事株式会社」へ譲渡し、商号を「アジアコンピュータ株式会社」に変更。
昭和56年10月 東京都中央区明石町に本店移転。
昭和59年6月 東京都新宿区新宿に本店移転。システム本部を東京都新宿区新宿に設置。
昭和59年11月 中国技術者受入拠点計画地のため神奈川県厚木市栄町に本店移転(登記上)。
昭和60年9月 「株式会社電通国際情報サービス」と取引開始。
平成元年9月 神奈川県厚木市中町に本店移転(登記上)。
平成元年11月 「日本アイ・ビー・エム株式会社」と取引開始。
平成2年3月 「株式会社電通国際情報サービス」と業務提携。九州支社を設置。
平成3年7月 沖縄支社を設置。
平成7年3月 ネットワークおよびシステム開発技術とコンテンツ制作の融合を目指し、東京都中央区銀座にマルチメディア部門を設置(平成9年4月本店内に移転)。
平成7年11月 大阪支社を設置。「プライスウオーターハウス青山コンサルティング株式会社」他との共同出資により関連会社「青山システムコンサルティング株式会社」を設立(資本関係は平成10年3月に解消)。
平成9年3月 東京都豊島区目白に本店を移転するとともに、システム本部を東京都豊島区高田に移転。「アジアパシフィックシステム総研株式会社」に商号変更。
平成11年8月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
平成14年3月 「コンパックコンピュータ(現、日本ヒューレット・パッカード)株式会社」とSIサービス事業全般での戦略提携とプライムSIパートナー契約締結。
平成14年6月 「株式会社クレオ」と資本・業務提携契約締結。(平成16年1月業務提携解消)
平成16年6月 東京都豊島区高田に本店を移転。
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
平成17年7月 株式会社フルキャストとの包括業務提携。
平成17年10月 株式会社フルキャストに対して第三者割当増資ならびに自己株式の譲渡を実施し、同社の連結子会社となる。
平成18年4月 株式会社ソリューション開発の全株式を取得し、これを連結子会社化する。
平成18年8月 トアーシステム株式会社の全株式を取得し、これを連結子会社化する。