※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GNU
本店:東京都中央区銀座七丁目13番10号

【商号履歴】
GNU株式会社(2011年1月1日~)
株式会社アドバックス(2002年8月~2011年1月1日)
株式会社スノーヴァ(1998年4月1日~2002年8月)
株式会社エスエヌヴィ(1998年1月~1998年4月1日)
東陽産業株式会社(1976年12月22日~1998年1月)

【株式上場履歴】
<東証マザーズ>2000年3月23日~2010年8月11日(不適当合併)

【合併履歴】
1998年4月1日 株式会社スノーヴァ

【沿革】
当社(形式上の存続会社、昭和51年12月22日 東陽産業株式会社として設立、平成10年1月株式会社エスエヌヴィに商号変更、合併前の本店所在地 東京都中央区、株式額面金額50円)は、株式会社スノーヴァ(平成4年4月2日設立、本店所在地 東京都中央区、株式額面金額50,000円)の株式の額面金額を変更するため平成10年4月1日を合併期日として、同社を吸収合併し(同時に株式会社スノーヴァに商号変更)、同社の資産・負債及び一切の権利義務を引き継ぎましたが、合併前の当社は休眠状態にあり、合併後において被合併会社の営業活動を全面的に継承いたしました。従いまして、実質上の存続会社は、被合併会社である旧株式会社スノーヴァでありますから、以下の記載事項につきましては、特段の記述がない限り合併期日までは実質上の存続会社について記載しております。
平成4年4月 株式会社スノーヴァとして東京都千代田区に設立(資本金70,000千円)、人工雪「SNOVA」を用いた屋内通年型ゲレンデ事業を開始。
平成7年12月 人工雪「SNOVA」を用いた屋内通年型スノーボードゲレンデの第1号「スノーヴァダイゴ」を完成。
平成9年7月 屋内通年型スノーボードゲレンデの施設運営業務の受託を目的として株式会社東京スノーヴァを設立、同社株式200株(発行済株式の100%、現在は出資比率77%)を取得。
平成9年10月 屋内通年型スノーボードゲレンデ「スノーヴァ広島」を完成。
平成10年4月 株式の額面金額を1株50,000円から1株50円に変更のために形式上の存続会社株式会社エスエヌヴイ(東京都中央区、合併と同時に株式会社スノーヴァへ商号変更)と4月1日を合併期日として合併。
平成10年12月 屋内通年型スノーボードゲレンデ「スノーヴァ羽島」を完成。
平成11年10月 屋内通年型スノーボードゲレンデ「スノーヴァ香椎」を完成。
平成11年11月 屋内通年型スノーボードゲレンデ「スノーヴァ新横浜」を完成。屋内通年型スノーボードゲレンデ「スノーヴァ溝の口-R246」を完成。
平成12年3月 東京証券取引所“マザーズ”に上場。
平成12年10月 SNOVA(HONG KONG)CO.,LTD.社を設立。
平成14年8月 商号を「株式会社アドバックス」に変更。
平成15年10月 人材派遣業を事業の核とする株式会社ADVAX-MASH(完全子会社)を設立。
平成16年6月 不動産関連会社 有限会社アドバックス・リアルエステート(完全子会社)を設立。
平成16年9月 白浜スカイリゾートホテルを部分所有する有限会社パワープレストの発行済株式数100%を取得し完全子会社化。
平成16年12月 競馬場における軽食販売店運営の東都アイ・エヌ・ティー株式会社の発行済株式数100%を取得し完全子会社化。
平成17年4月 東京タワー内に新甘味処「ふくあん」オープン。
平成17年5月 人材派遣会社株式会社ロムテックジャパンの発行済株式数100%を取得し完全子会社化。
平成17年6月 本社を東京都千代田区に移転。
平成17年7月 株式会社パワープレスト所有の白浜スカイリゾートホテルのマネージメントを開始。
平成18年4月 内部統制に関するコンサルティング事業を開始
平成18年8月 システム及びソフトウェア開発事業のチャンスラボ株式会社、ネット広告事業の株式会社アドクロス、それぞれの発行済株式 100%を取得し完全子会社化すると共にチャンスラボ株式会社の子会社でネット広告事業の株式会社チャンスイットを孫会社化。
平成18年9月 SNOVA(HONG KONG)CO.,LTD.社の全株式を譲渡。
平成18年12月 本社を東京都中央区に移転。
平成19年3月 東京タワー内に「東京カレーラボ」オープン。
平成19年3月 有限会社パワープレストの全株式を譲渡し、ホテル事業から撤退。
平成19年3月 連結子会社 有限会社アドバックス・リアルエステート及び株式会社東京スノーヴァを清算。