※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

図研エルミック
本店:横浜市中区太田町六丁目84番地2

【商号履歴】
図研エルミック株式会社(2009年7月1日~)
エルミック・ウェスコム株式会社(2005年7月~2009年7月1日)
株式会社エルミックシステム(1977年4月30日~2005年7月)

【株式上場履歴】
<東証2部>2014年8月1日~
<東証マザーズ>2000年7月25日~2014年7月31日(2部選択)

【合併履歴】
2005年7月 日 ウェスコム株式会社
1995年5月 日 イオス株式会社

【沿革】
昭和52年4月 マイクロコンピュータのソフトウェア開発を目的として、横浜市鶴見区東寺尾中台に、資本金4百万円にて株式会社エルミックシステムを設立。
昭和52年9月 バンキングオンラインシステムの受託(株式会社岩手銀行)。
昭和53年12月 本社を横浜市中区翁町に移転。
昭和58年4月 通信コントローラ「EL-ICS」シリーズ(「MTB」シリーズ)製造販売開始。
昭和58年5月 ソフトウエア「ELX」シリーズ(同時並行処理リアルタイムマルチタスク処理)販売開始。
昭和58年9月 本社を横浜市中区尾上町に移転。
昭和58年12月 「ELX」シリーズに対し、情報処理振興事業協会より租税特別措置法に基づく優遇処置を受ける。
昭和59年5月 大阪市西区北堀江に大阪営業所(現 大阪事業所)を開設。
昭和59年6月 事務機製造会社向け、パソコン用ボード量産を開始。
昭和60年10月 NTT高速通信網DDX-P用通信装置「EL-PAD/PC」製造販売開始。
昭和61年5月 通信コントローラ「MTB」シリーズ製造販売開始。
昭和61年8月 パソコン内蔵型通信制御ボード「PC-COM」シリーズ販売開始。
昭和62年2月 本社を横浜市中区弁天通へ移転。
昭和63年4月 各種機能を搭載したパソコン内蔵型ボードの多様化開始。
平成2年8月 デジタル通信用ボードおよびソフトウエア販売開始(ISDN網用)。
平成2年12月 PC-9800シリーズ用のISDNインターフェイス「PC-INS/V50」販売開始。
平成3年3月 ゴルフ場省力化システム「CASP」開発完了。
平成4年10月 ゴルフ場省力化システム「CASP」第一号を霞ヶ関カントリークラブに納入。
平成5年11月 LAN-WAN(広域ネットワーク)接続用ボード「mp-ins」販売開始。
平成6年2月 子会社イオス株式会社を設立。
平成7年5月 100%子会社イオス株式会社を経営効率化のため合併し、東京事業所を開設。
平成7年9月 半導体製造装置向け通信ソフト「GEM」販売開始。
平成7年11月 Windows対応ISDNボード販売開始。
平成8年8月 川崎市川崎区日進町に川崎技術センターを設置。
平成8年11月 「Fusion TCP」販売開始。
平成8年12月 マイクロソフト社の「Get ISDN」取得、Windows95対応「Surf 2 Surf EX」販売開始。
平成9年2月 米国現地法人ELMIC SYSTEMS OF AMERICA,INC.を設立。
平成9年5月 ソフトウエア「X-COM」シリーズ販売開始。
平成9年6月 「ELX For RISC」開発開始。
平成10年6月 「Kasago」(「New TCP/IP」ソフト・ウェア)開発完了。
平成10年10月 米国現地法人ELMIC SYSTEMS OF AMERICA,INC.を清算。
平成11年4月 関西、中京地区営業力強化のため名古屋営業センターを名古屋市中区錦に開設。
平成11年5月 「Accel-μ」特許権申請。
平成11年6月 「Kasago for Windows CE」販売開始。
平成11年6月 営業・技術業務効率化のため川崎技術センターを本社横浜市中区弁天通に移転統合。
平成11年9月 Windows CE用「Accel-μ」販売開始。
平成12年2月 マイクロソフト社の当社への出資受入。
平成12年2月 マイクロソフト社とのディストリビュータ契約取得。
平成12年7月 東京証券取引所マザーズへ上場。
平成12年9月 米国現地法人Elmic Systems USA,INC.を設立。
平成12年9月 「ELX for ITRON」販売開始。
平成12年9月 ソフトウェア「SoftCOM」を「X-COM」シリーズとして販売開始。
平成12年9月 Bluetoothソリューション開発開始。
平成12年11月 ソフトウェア「SoftCOM FullGEM化」開発開始。
平成13年3月 子会社株式会社エアフォルクを設立。
平成13年3月 VoIPシリーズ「Embedded H.323」ソフトウェア開発開始。
平成13年5月 エンベデッド・リナックス・テクノロジーグループへの参加。
平成14年1月 「Embedded H.323プロトコルスタック」販売開始。
平成14年2月 組込みシステム向けTCP/IPプロトコルスタック「KASAGO TCP/IP」用のオプションソフトウエア「Mobile IP」「NAT」「SNMP Agent」販売開始。
平成14年2月 組込みシステム向け「KASAGO IPv6」プロトコルスタック販売開始。
平成14年3月 「Accel-Linux」開発開始。
平成14年5月 富士通エル・エス・アイ・ソリューション株式会社と次世代ホームネットワークソリューションの開発に伴う共同プロジェクトを開始。
平成14年7月 産業用コンピュータ「iNHERITOR」販売開始。
平成14年10月 保護機能搭載ITRON仕様準拠リアルタイムOS「Hyper ITRON」販売開始。
平成15年3月 「KASAGO for T-Engine開発キット」開発。
平成15年6月 「KASAGO Mobile IPv6 プロトコルスタック」開発。
平成15年6月 組込みシステム向けSIPプロトコルスタック開発。
平成15年12月 米国現地法人Elmic Systems USA,INC.を売却。
平成16年11月 本社を横浜市中区太田町へ移転。
平成17年7月 ウェスコム株式会社と合併、エルミック・ウェスコム株式会社へ社名変更。
平成18年10月 子会社である株式会社エアフォルクの株式譲渡により、同社が子会社でなくなる。
平成18年11月 インテリジェント通信ボードNet-Engine販売開始。
平成19年3月 株式会社シーイーシーと業務提携発表。