※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウェザーニューズ
本店:東京都港区芝三丁目1番14号日本生命赤羽橋ビル

【商号履歴】
株式会社ウェザーニューズ(1986年9月~)
株式会社ウェザーニュース(1986年6月11日~1986年9月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2003年11月4日~
<東証2部>2002年12月26日~2003年11月3日(1部指定)
<大証ヘラクレス>2000年12月25日~2003年8月8日(上場廃止申請)

2004年5月1日 株式会社ウェザーニューズ名古屋

【沿革】
昭和61年6月 あらゆる気象コンテンツ市場にサービスを展開することを目的に気象コンテンツメーカー株式会社ウェザーニュース(資本金1,000万円、所在地:東京都港区芝三丁目1番14号)を設立
昭和61年9月 商号を株式会社ウェザーニューズに変更
昭和62年12月 気象業務法第17条に基づく予報許可第25号取得
平成2年4月 コンテンツ運営会社(コンテンツ発信基地)として幕張総合サービスセンターを開設
平成5年3月 当社独自の局地予想モデル(SS5M)に着手、Ver.1.0を構築
平成5年10月 世界最大の海洋気象会社「OCEANROUTES INC.」の全株式を取得。傘下の海外子会社を統合して、18都市をネットワーク化
平成5年12月 RD(道路気象)グループが、名古屋高速道路公社に気象情報サービスを提供開始
平成6年1月 韓国にWeathernews Korea Inc.設立
平成6年7月 ドイツの民間気象会社「WNI meteo consult GmbH」の過半数の株式を獲得(その後、平成15年10月全株式取得)
平成8年3月 STORE(商業気象)グループが、セブン-イレブン・ジャパンの気象情報システムに「ウェザーマーケティング」サービスを提供開始
平成8年10月 デジタル衛星放送パーフェクTV!(現 SKY PerfecTV!)にて気象情報専門チャンネル放送開始
平成9年12月 デジタル衛星放送ディレクTVにて気象情報専門チャンネル放送開始
平成11年2月 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ iモードで、携帯電話向け気象コンテンツサービスを世界に先がけてサービス開始
平成12年6月 GPLCグローバル統一予報センターが完成(世界の独自予測を本格的に行うため、日本、米国、英国、豪州の予報センターが同時に通信ネットワーク上をオンラインで気象解析、予測)
平成12年10月 委託放送事業者として「ウェザーニュース」744ch.(SKY PerfecTV!)放送開始
平成12年12月 BSデジタル・データ放送の委託放送事業者として認定を受ける。気象専門チャンネル「ウェザーニュース」910ch.放送開始。ナスダック・ジャパン市場(スタンダード)に上場
平成13年11月 オランダ気象庁の商業部門が民営化され設立した、B.V.Weerbureau HWS社の株式を取得
平成13年12月 RD(道路気象)グループが、国土交通省東北地方整備局湯沢工事事務所に雪氷対策支援サービスを提供開始
平成14年12月 東京証券取引所市場第二部に上場
平成15年3月 中国に偉哲紐咨信息咨詢(上海)有限公司(英文表記:Weathernews Shanghai Co.Ltd.)設立
平成15年4月 CHIP(報道気象)グループのサービス提供先テレビ局が100社を超える
平成15年5月 SKY(航空気象)グループが、米国アメリカン航空の運航管理業務支援サービス開始
平成15年8月 VP(航海気象)、MOBILE(モバイル)、SKY(航空気象)、P(石油気象)、STORE(商業気象)の各グループが事業開始
平成15年10月 RD(道路気象)グループが事業開始
平成15年11月 東京証券取引所市場第一部に指定替え(証券コード4825 資本金17億6百万円)
平成15年12月 米国にて、携帯電話大手キャリア(ベライゾン・ワイヤレス、AT&Tワイヤレス、スプリントPCS)3社向けコンテンツ提供を開始。BIT(放送気象)グループが事業開始
平成16年1月 イタリアにWEATHERNEWS ITALIA S.P.A.設立
平成16年3月 スペインにWEATHERNEWS IBERIA S.A.設立。VP(航海気象)グループが、エバーグリーンにTFMS(総合運行管理サービス)を提供開始。STORE(商業気象)グループが、セブンイレブン台湾に気象情報とPOSシステムに連動した「ウェザーマーケティング」サービスを提供開始
平成16年4月 中国の移動体通信大手、中国移動(China Mobile)へ中国内資会社を通じてモバイルコンテンツを提供開始。DIMINISH(防災気象)グループが事業開始
平成16年5月 携帯電話向け気象情報サイトの世界14ヵ国/地域の有料会員が100万人を突破。フランスにWEATHERNEWS FRANCE SAS設立
平成16年6月 R(鉄道気象)グループが事業開始
平成16年7月 DIMINISH(防災気象)グループが、新潟県見附市より新潟豪雨時における防災気象コンテンツサービスにより感謝状を受賞
平成16年8月 Travel(トラベル気象)グループが事業開始
平成16年9月 全世界向けの気象コンテンツサービスを管理・運営する「幕張天気街(ウェザーストリート)」を開設。オーストラリアOptus社の携帯電話向けに気象情報サービス「Weathernews」を提供開始
平成16年10月 米国オクラホマ大学のキャンパス内にグローバルコンテンツサービスの運営拠点を開設。英国ロンドンに新営業拠点を開設
平成16年11月 豪Telstra社のiモード携帯電話向けに気象コンテンツを提供開始
平成17年1月 ドイツ・フランクフルトに新営業拠点を開設。イタリア第2位の携帯電話キャリアVodafone Italia社へ気象コンテンツを提供開始
平成17年2月 携帯向け”天気専門動画チャンネル”を韓国通信大手KTFへ提供開始。SKY(航空気象)グループが、大韓航空にFlight Planning Support(航空計画策定支援サービス)を提供開始。Sport(スポーツ気象)、DCDS(動気候)、E(電力気象)の各グループが事業開始
平成17年3月 FOM(工場気象)グループが事業開始
平成17年4月 エベレスト登山隊をコンテンツでサポート
平成17年6月 日本地域における販売部門を会社分割により分社化し、全世界の販売部門(SSB)を明確にしたグローバルビジネスモデルを完成
平成17年6月 WNIとサポーターの相互交信によってコンテンツ制作をおこなう運営ホーム“WITH放送局”開設
平成17年7月 独自数値予測モデル「OWN(Original Weathernews Numerator)」試験運用開始
平成17年8月 SKY(航空気象)グループが、中国東方航空へFlight Planning Supportサービス提供開始。H(健康気象)グループが事業開始
平成17年9月 DORI(気象データサービス)グループが事業開始
平成17年11月 JR山手線で新気象情報コンテンツ提供開始
平成18年1月 G(ガス気象)、MWS(インターネット)、CHIP(報道気象)の各グループが事業開始
平成18年2月 デンマークにWEATHERNEWS DANMARK A/S 設立。台湾の連絡事務所を格上げして現地法人、緯哲気象股份有限公司(英語表記:WEATHERNEWS TAIWAN LTD.)設立。大手フランス移動体通信社ブイグ・テレコム社へ気象コンテンツ提供開始
平成18年3月 M(海上気象)、Fish(水産気象)、A(農業気象)、C(建設気象)、COM(通信気象)、DAM(ダム気象)、EVENT(イベント気象)、Facility(施設気象)、Living(生活気象)、MOVE(輸送気象)、River(河川気象)の各グループが事業開始
平成18年8月 VP(航海気象)グループが韓進海運にFuel Routeing(最少燃費航路情報サービス)を提供開始。RD(道路気象)グループが、東日本道路株式会社北海道支社に雪氷対策支援サービスに関する契約締結。携帯電話と連動した有料インターネットサービスを開始
平成18年9月 当社創立20周年記念パーティ開催
平成18年10月 マイクロソフトの新OS Windows Vistaの最新技術WPFに対応した天気サイトを開発
平成18年12月 個人向けサービスの企画、制作、運営等のマネジメント機能を担当する株式会社ウィズ ステーションを設立。任天堂「Wii」に気象コンテンツ提供開始
平成19年1月 インターネットの気象サイトを韓国、豪州、英国にグローバル展開
平成19年2月 VP(航海気象)グループが、株式会社商船三井にOPO(Optimum Port Operation)サービスを提 供開始
平成19年3月 ネパール初の100%外資会社としてWeathernews Nepal Pvt. Ltd.をカトマンズに設立
平成19年4月 Weathernews Iberia S.A.を清算。英国・アバディーンの運営拠点をアムステルダムに統合してESSS(Europe Service & Support Subcenter)を開設