※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

上村工業
本店:大阪市中央区道修町三丁目2番6号

【商号履歴】
上村工業株式会社(1969年1月~)
株式会社上村長兵衞商店(1933年12月3日~1969年1月)

【株式上場履歴】
<東証2部>2013年7月16日~
<大証2部>1997年11月21日~2013年7月15日(東証に統合)

【沿革】
昭和8年12月 研磨材の製造・販売及び工業用化学品の販売を目的として上村工業株式会社を設立(設立時の商号 株式会社上村長兵衞商店)。
昭和8年12月 東京市浅草区(現東京都台東区)に東京営業所を設置。
昭和13年3月 東京営業所の昇格により東京支店を設置。
昭和17年10月 大阪市東淀川区(現淀川区)に淀川工場を設置。
昭和21年5月 淀川工場で研磨材の製造を再開。
昭和24年8月 大阪市阿倍野区に住吉工場を設置し、塩化ビニールシートの製造を開始。
昭和25年3月 東京都北区に東京工場を設置し、研磨材の製造を開始。
昭和32年9月 めっき用化学品の製造を開始。
昭和35年7月 名古屋市西区に名古屋営業所を設置。
昭和35年9月 機械事業部を設置し、表面処理用機械の製作を開始。
昭和38年9月 めっき加工技術の研究及び実験を目的として三和防錆株式会社(現・株式会社サミックス)(現・連結子会社)を設立。
昭和39年2月 埼玉県戸田市に東京工場を移転。
昭和43年3月 名古屋営業所の昇格により名古屋支店を設置。
昭和43年7月 大阪府枚方市に枚方工場が竣工し、めっき用化学品の製造部門を淀川工場から移転。同所に中央研究所を設置。
昭和44年1月 商号を上村工業株式会社に変更。
昭和45年2月 東京工場を閉鎖。
昭和50年2月 デグサ社(ドイツ)と販売提携し、「金めっき浴」を発売。
昭和50年5月 枚方工場に表面処理用機械の製造部門を移転し、同時に淀川工場を閉鎖。
昭和58年5月 デグサ社(ドイツ)と技術提携し、アルミ真空蒸着加工技術「エラメットプロセス」を導入。
昭和59年3月 神奈川県相模原市に相模原事業所を設置し、アルミ真空蒸着加工を開始。
昭和60年12月 米国ロサンゼルス市にウエムラ・インターナショナル・コーポレーション(のちウエムラ・システムズ・コーポレーションに商号変更)を設立。
昭和61年2月 香港に合弁会社上村旭光有限公司(現・連結子会社)を設立。
昭和62年6月 台湾に合弁会社台湾上村股份有限公司(現・連結子会社)を設立。
昭和62年12月 タイに合弁会社サムハイテックス(現・連結子会社)を設立。
昭和63年3月 中国深圳市に合弁会社南山上村旭光有限公司(のち上村旭光化工机械(深圳)有限公司に商号変更)(現・連結子会社)を設立。
平成2年2月 東京支店の昇格により東京支社を設置。
平成3年6月 デメトロン社(ドイツ)と技術提携し、ヨーロッパでの無電解ニッケルめっき薬品の技術を供与。
平成4年5月 シンガポールにウエムラ・インターナショナル・シンガポール(現・連結子会社)を設立。
平成4年12月 ウエムラ・システムズ・コーポレーションからの営業譲渡により新会社ウエムラ・インターナショナル・コーポレーション(現・連結子会社)を米国に設立。
平成5年5月 旧淀川工場敷地に上村ニッセイビルが竣工し、不動産賃貸業を開始。
平成7年4月 岐阜県土岐市に株式会社ユーテックを設立。(平成8年5月岐阜県多治見市に移転)
平成8年7月 マレーシアにウエムラ・マレーシア(現・連結子会社)を設立。
平成9年11月 大阪証券取引所市場第二部に上場。
平成11年10月 相模原事業所を閉鎖。
平成13年10月 株式会社ユーテックの清算結了。
平成14年4月 中国上海市に上村化学(上海)有限公司(現・連結子会社)を設立。
平成15年10月 台湾に台湾上村科技股份有限公司(現・連結子会社)を設立。