※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

寺岡製作所
本店:東京都品川区広町一丁目4番22号

【商号履歴】
株式会社寺岡製作所(1943年5月5日~)

【株式上場履歴】
<東証2部>1987年2月26日~
<店頭>1977年12月14日~1987年2月25日(東証2部に上場)

【合併履歴】
1944年9月 日 日本粘着テープ工業株式会社
1943年12月 日 株式会社三陽工業所

【沿革】
大正10年2月 本店現在地において故寺岡璋浩個人にて寺岡製作所を創立。ブラックテープ及びゴムテープ類の製造を開始。
昭和12年12月 寺岡製作所を資本金15万円をもって合資会社に改組。
昭和18年5月 合資会社寺岡製作所を資本金50万円をもって株式会社に改組。
昭和18年12月 株式会社三陽工業所を合併し、資本金を80万円に増資。
昭和19年9月 日本粘着テープ工業株式会社を合併。
昭和25年8月 梱包耐水性粘着テープ(当社製品名オリーブテープ)の製造を開始。
昭和31年5月 ポリエステルフィルム粘着テープ(電気絶縁用)の製造を開始。
昭和37年5月 大宮工場稼働開始。(主として電気絶縁用テープの製造)
昭和42年4月 函南工場稼働開始。(主として梱包包装用テープの製造)
昭和45年5月 佐野工場稼働開始。(主として電機・電子用、産業用テープの製造)
昭和52年12月 社団法人日本証券業協会東京地区協会店頭登録銘柄として登録。
昭和53年6月 防水用両面接着テープ(建築、自動車業界向)の製造を開始。
昭和60年5月 電子部品用テープの長尺スパイラル巻品の製造を開始。
昭和61年2月 電磁波シールド用導電性銅箔粘着テープの製造を開始。
昭和62年2月 東京証券取引所の市場第2部に上場。
平成2年4月 茨城工場稼働開始。(主として電機・電子用、産業用テープの製造)
平成7年1月 香港駐在員事務所開設、寺徳(香港)有限公司設立。
平成7年5月 東莞寺徳電子膠粘帯有限公司設立。
平成8年7月 化学研究技術センター設立。
平成9年3月 ISO9001の認証を国内全事業所で取得。
平成13年2月 ISO14001の認証を取得。
平成16年7月 寺岡(上海)高機能膠粘帯有限公司設立(現連結子会社)。
平成17年2月 寺徳(香港)有限公司を寺岡製作所(香港)有限公司(現連結子会社)へ社名変更。
平成18年1月 東莞寺徳電子膠粘帯有限公司清算。
平成18年11月 寺岡(深圳)高機能膠粘帯有限公司設立(現連結子会社)。