※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ニチレキ
本店:東京都千代田区九段北四丁目3番29号

【商号履歴】
ニチレキ株式会社(1994年10月1日~)
日瀝化学工業株式会社(1969年1月~1994年10月1日)
株式会社日瀝(1949年9月12日~1969年1月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1974年2月1日~
<大証1部>1974年2月1日~2005年9月9日(上場廃止申請)
<東証2部>1970年1月19日~1974年1月31日(1部に指定替え)
<大証2部>1972年6月1日~1974年1月31日(1部に指定替え)

【合併履歴】
1969年1月 日 日瀝化学工業株式会社
1969年1月 日 日瀝特殊化工株式会社
1969年1月 日 合資会社日本瀝青化学工業所

【沿革】
昭和18年10月、アスファルト防水工事およびアスファルト製品の販売を目的として創業者池田英一が日本瀝青化学工業所を設立しました。その後昭和21年8月、合資会社日本瀝青化学工業所に組織変更を行い、昭和25年10月に東京都荒川区に東京工場を建設し、アスファルト乳剤の製造を開始しました。事業の拡大に伴い昭和29年2月、日瀝化学工業株式会社を設立し、これらの事業を継承しました。昭和44年1月、株式の額面金額の変更ならびに系列会社(日瀝特殊化工株式会社、合資会社日本瀝青化学工業所)の統合による経営および事業の合理化を目的として株式会社日瀝(昭和24年9月設立東京都港区所在、資本金100万円)を存続会社として4社対等合併を行い、ただちに社名を日瀝化学工業株式会社に変更し本店を東京都千代田区に移転し、その後平成6年10月、ニチレキ株式会社に商号変更しました。
昭和29年6月 大阪工場を建設し、出張所を併設(昭和41年1月大阪支店に改組、平成11年4月関西支店に改称)
昭和32年11月 東京工場に研究室および営業所を併設(昭和41年1月東京支店に改組)
昭和33年1月 小山工場を建設し、コンクリート目地材料および建築防水材の製造を開始(昭和38年7月出張所を併設、昭和47年1月関東支店に改組)
昭和33年12月 研究室を中央研究所と改称(昭和52年4月関東支店内に移転、技術研究所に改称)
昭和34年3月 名古屋出張所を開設(昭和35年6月工場を併設、昭和41年1月名古屋支店に改組、平成11年4月中部支店に改称)
昭和36年1月 福岡出張所を開設(昭和37年1月工場を併設、昭和41年1月福岡支店に改組、昭和61年12月九州支店に改称)
昭和37年4月 仙台工場を建設し、出張所を併設(昭和43年1月仙台支店に改組、昭和61年12月東北支店に改称)
昭和38年6月 広島出張所を開設(昭和43年1月広島支店に改組、昭和45年8月工場を併設、昭和61年12月中国支店に改称)
昭和38年7月 高松出張所(同年11月工場を併設、昭和61年12月四国支店に改組)
昭和43年7月 札幌工場を建設し、出張所を併設(昭和48年1月恵庭に移転、恵庭工場、北海道営業所に改組、昭和61年12月北海道支店に改称)
昭和43年10月 建設業法による東京都知事登録(ぬ)第45075号登録を取得し舗装・防水工事の請負を開始
昭和45年1月 東京証券取引所市場第二部に上場
昭和45年10月 日瀝道路株式会社(現・連結子会社)を設立
昭和47年6月 大阪証券取引所市場第二部に上場
昭和48年2月 北海道ニチレキ工事株式会社(昭和55年7月商号変更、現・連結子会社)を設立
昭和49年1月 建設業法による建設大臣許可(般―48)第2839号(ほ装、防水)登録(以降3年毎に、平成7年から5年毎に更新)
昭和49年2月 東京証券取引所ならびに大阪証券取引所市場第一部に上場
昭和50年8月 東北ニチレキ工事㈱、九州ニチレキ工事㈱、中国ニチレキ工事㈱の3社(現・連結子会社)を設立
昭和52年4月 中部ニチレキ工事㈱、近畿ニチレキ工事㈱、四国ニチレキ工事㈱の3社(現・連結子会社)を設立
昭和54年4月 日レキ特殊工事㈱(現・連結子会社)を設立
昭和55年3月 建設コンサルタント建設大臣登録建55第2922号登録(以降3年毎に、平成4年から5年毎に更新)
昭和61年12月 測量関連事業およびコンピュータ情報関連事業を開始
平成2年9月 建設業法による建設大臣許可のうち、ほ装工事業を(特―63)第2839号として登録
平成3年2月 測量業大臣登録第19730号に登録(以降5年毎に更新)
平成7年7月 千葉市に臨海型の千葉工場を船橋市から移設し、同所に営業所を併設
平成9年3月 東京支店・千葉営業所・千葉工場においてISO9002の認証を取得、その後埼玉営業所・神奈川営業所・多摩出張所を含め拡大認証を得る。
平成10年2月 名古屋支店(現・中部支店)静岡営業所・静岡工場・浜松出張所においてISO9002の認証を取得、その後中部支店・愛知工場を含め拡大認証を得る。
平成10年4月 建設大臣許可(特-10)第2839号をもって、とび・土工工事業を追加
平成11年12月 関東支店・小山工場・茨城営業所および技術研究所研究第二課、研究第三課においてISO9001の認証を取得、その後長野営業所・飯田出張所・新潟営業所・群馬営業所を含め拡大認証を得る。
平成13年2月 九州支店・福岡工場においてISO9002の認証を取得
平成13年2月 仙台市宮城野区に臨海型の仙台工場を建設し、東北支店を移転併設
平成14年10月 東北支店・仙台工場・青森営業所・岩手営業所・秋田営業所・山形営業所・福島営業所においてISO9001の認証を取得
平成14年12月 中華人民共和国・北京市に特殊舗装材料の製造・販売を行う日中合弁会社 北京路新大成景観舗装有限公司を設立
平成16年7月 シンガポールに日本・シンガポール・タイの合弁会社ピーエスニチレキを設立
平成16年8月 九州地区生産拠点として臨海型の大分工場の全面操業開始
平成16年12月 中国支店・広島工場・広島営業所、鳥取営業所・米子工場、島根営業所、岡山営業所、山口営業所においてISO9001の認証を取得
平成16年12月 関西支店・大阪営業所、滋賀営業所・滋賀工場、兵庫営業所・姫路工場においてISO9001の認証を取得
平成16年12月 四国支店・高松工場・香川営業所、愛媛営業所・愛媛工場、高知営業所においてISO9001の認証を取得
平成17年3月 北海道支店、釧路営業所、旭川営業所においてISO9001の認証を取得
平成17年5月 屋内外の各種表示の企画・設計・製作・販売・施工を行うグラフィックス事業を開始
平成17年8月 物流スペースの確保と業務の機能強化を図るため、東京支店を越谷市に移転
平成17年9月 大阪証券取引所での株式の上場を廃止
平成18年1月 中華人民共和国・北京市にある北京市政一建設工程有限公司に出資、合弁会社として営業許可を取得
平成18年4月 中国ニチレキ工事㈱(存続会社)と山陰ニチレキ㈱が合併、近畿ニチレキ工事㈱(存続会社)と大阪ニチレキ㈱が合併
平成18年12月 東京支店跡地に賃貸マンションを建設・竣工
平成19年2月 本社機構と9支店を含めたニチレキ統一版ISO9001の認証を取得
平成19年3月 朝日工業㈱(大分県大分市)の株式を取得し、連結子会社とする。
平成19年4月 日瀝道路㈱(存続会社)と茨城ニチレキ㈱、群馬ニチレキ㈱が合併、中部ニチレキ工事㈱(存続会社)と北陸ニチレキ㈱が合併
平成19年4月 中華人民共和国・杭州市に日中合弁会社 杭州同舟瀝青有限公司を設立