※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

帝都ゴム
本店:埼玉県入間市大字新光235番地

【商号履歴】
帝都ゴム株式会社(1987年7月~)
帝都ゴム製造株式会社(1943年10月1日~1987年7月)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~2011年7月27日(鬼怒川ゴム工業株式会社と株式交換)
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1987年11月6日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【合併履歴】
1951年9月 日 輸出ゴム製造株式会社

【沿革】
昭和18年10月 東京都豊島区において帝都ゴム製造株式会社を設立。農工用布巻ホース及び軍艦用伝声管の製造販売を開始
昭和26年9月 輸出ゴム製造株式会社を吸収合併
昭和29年2月 本社工場内に工業用製品サクションホース専門工場を設置
昭和33年6月 自動車用ゴムホースの製造販売を開始
昭和36年4月 東京都北区に東京工場を新設(家庭用各種ゴムホースの製造)
昭和42年2月 本社工場を売却し、埼玉県入間市に埼玉工場を新設(自動車用ゴムホースの製造)。本社を東京都北区に移転
昭和46年4月 シミズゴム製造株式会社を設立
昭和51年4月 新光物産株式会社所有の栃木工場を買収(自動車用ゴムホース及びビニールチューブの製造)
昭和52年7月 本社を東京都豊島区に移転。東京工場閉鎖
昭和61年3月 新光物産株式会社より製造加工部門を譲受
昭和62年7月 商号を帝都ゴム株式会社に変更
昭和62年11月 東京店頭市場に株式公開
平成元年7月 株式会社トランスパック(現・持分法適用関連会社)、株式会社クラフトを設立
平成3年2月 株式会社バイセルを設立
平成3年11月 フィリピン国に現地資本と合弁でオリオンラバーマニュファクチャリング社(現・持分法適用関連会社)を設立
平成4年10月 アメリカ合衆国に現地資本と合弁でCTラバー&プラスチックス社を設立
平成7年5月 九州工場新設(自動車用ゴムホースの製造)
平成8年2月 フィリピン国に現地資本と合弁でバルテックラバー社を設立
平成9年6月 本社を埼玉県入間市に移転
平成11年10月 株式会社栃木テイト(現・連結子会社)を設立
平成12年9月 株式会社クラフトを清算
平成15年10月 CTラバー&プラスチックス社の全株式をエイボンラバー&プラスチックス社に譲渡
平成15年11月 中国に福州帝都橡膠有限公司(現・連結子会社)を設立
平成16年5月 鬼怒川ゴム工業株式会社(現・親会社)による公開買付の結果、当社は同社の子会社化
平成16年10月 株式会社トランスパック(現・持分法適用関連会社)に、シミズゴム製造株式会社を吸収合併
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年3月 株式会社バイセルを解散
平成17年4月 株式会社トランスパック(現・持分法適用関連会社)の株式を一部譲渡
平成17年8月 バルテックラバー社の全株式を現地資本に譲渡
平成18年7月 アメリカ合衆国にテイトラバーアメリカ社(現・連結子会社)を設立