※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鶴弥
本店:愛知県半田市州の崎町2番地12

【商号履歴】
株式会社鶴弥(1983年10月~)
株式会社鶴弥製瓦工場(1968年2月1日~1983年10月)

【株式上場履歴】
<東証2部>2002年4月4日~
<名証2部>1994年8月5日~

【沿革】
当社は、鶴見清冶郎が信州において瓦製造技術を取得したのち、明治20年に刈谷市小垣江町において個人創業いたしました。大正14年に鶴見弥四郎が家業を継承し、昭和43年2月株式会社鶴弥製瓦工場を設立いたしました。
昭和43年2月 株式会社鶴弥製瓦工場設立(刈谷市)
昭和43年5月 刈谷本社 第一トンネル窯操業開始
昭和45年4月 刈谷本社 第二トンネル窯完成
昭和50年5月 西尾工場 第一トンネル窯完成
昭和51年6月 西尾工場 第二トンネル窯完成
昭和53年7月 西尾工場 日本工業規格許可工場となる
昭和54年4月 半田工場 第一工場(現本社工場第1ライン)完成
昭和55年11月 半田工場(現本社工場)日本工業規格許可工場となる
昭和58年8月 半田工場(現本社工場)内に本社機構を移転。刈谷工場閉鎖し配送センターとして利用
昭和58年9月 半田工場 第二工場(現本社工場第2ライン)完成
昭和58年10月 株式会社鶴弥に社名変更
昭和60年10月 半田工場 第三工場(現本社工場第3ライン)完成
昭和62年7月 半田工場 第五工場(現本社工場第5ライン)完成
昭和63年9月 半田工場 第六工場(現本社工場第6ライン)完成
平成元年11月 半田工場 第七工場(現本社工場第7ライン)完成
平成2年11月 仙台営業所(仙台市)を開設
平成3年3月 新社屋竣工(半田市)
平成3年7月 本社を刈谷市より半田市へ移転
平成4年11月 衣浦工場 第一期工事(現第1ライン)完成
平成6年6月 衣浦工場 第二期工事(現第2ライン)完成
平成6年8月 名古屋証券取引所市場第二部へ株式を上場
平成7年1月 衣浦工場 日本工業規格許可工場となる
平成10年8月 国際標準化機構ISO9001の認証を取得(審査登録)
平成11年11月 国際標準化機構ISO14001の認証を取得(審査登録)
平成13年7月 阿久比工場 第1ライン完成
平成14年4月 東京証券取引所市場第二部へ株式を上場
平成15年2月 阿久比工場 第2ライン完成
平成15年9月 阿久比工場 日本工業規格許可工場となる
平成18年3月 プレカット工場(阿久比工場内)完成
平成19年1月 丸福支店(南砺市)を開設