日亜鋼業
本店:兵庫県尼崎市中浜町19番地

【商号履歴】
日亜鋼業株式会社(1952年6月16日~)

【株式上場履歴】
<東証1部>1987年9月1日~
<大証1部>1987年9月1日~2009年9月18日(上場廃止申請)
<東証2部>1986年2月21日~1987年8月31日(1部に指定替え)
<大証2部>1961年10月2日~1987年8月31日(1部に指定替え)

【合併履歴】
1961年4月 日 日亜加工鋼業株式会社

【沿革】
明治41年7月 田中亜鉛鍍金工場として発足
大正7年3月 田中亜鉛鍍金工場より資本金25万円にて日本亜鉛鍍株式会社を創立
昭和4年4月 針金、有刺鉄線、丸釘の製造を開始
昭和10年5月 日本亜鉛鍍株式会社より日本亜鉛鍍鋼業株式会社に商号変更
昭和14年9月 日本亜鉛鍍鋼業株式会社より日亜製鋼株式会社に商号変更
昭和27年6月 日亜製鋼株式会社より分離独立、日亜鋼業株式会社として資本金5,000万円にて設立
昭和35年6月 東京営業所開設
昭和36年4月 「日亜加工鋼業株式会社」を吸収合併し、大阪工場とする
昭和36年10月 大阪証券取引所市場第二部に株式上場
昭和37年5月 硬鋼線工場竣工(兵庫県尼崎市道意町)
昭和39年6月 着色鉄板工場竣工(兵庫県尼崎市道意町)
昭和43年4月 倉庫業務を中心とする間接部門の合理化を図るため「日亜工運株式会社」を資本金300万円にて設立(昭和50年10月、1,000万円に増資)
昭和45年6月 鋲螺工場竣工(兵庫県尼崎市道意町)
昭和48年12月 北海道営業所及び九州営業所開設
昭和51年2月 福利厚生業務の管理運営の合理化を図るため「日亜企業株式会社」を資本金300万円にて設立(平成6年7月、1,000万円に増資)
昭和53年9月 東北営業所開設
昭和54年4月 東北及び北海道地区の需要家に対し規格めっき線の現地生産販売を行い流通コストの合理化と需要家サービスの徹底を図るため「東北日亜鋼業株式会社」を資本金1,000万円にて設立
昭和54年4月 名古屋営業所開設
昭和55年3月 広島営業所開設
昭和61年2月 東京証券取引所市場第二部に株式上場
昭和62年7月 本社新社屋竣工(兵庫県尼崎市道意町)
昭和62年9月 東京、大阪両証券取引所市場第一部に指定
昭和62年12月 東京営業所を支店に昇格
平成3年5月 室蘭工場竣工(北海道室蘭市仲町)
平成3年7月 北陸営業所開設
平成7年4月 茨城工場竣工(茨城県北茨城市)
平成10年4月 東北日亜鋼業株式会社より太陽メッキ株式会社に商号変更し、亜鉛(着色)鉄板の製造を移管(平成11年5月、5,000万円に増資)
平成11年12月 北陸営業所閉所し、新潟営業所(現 新潟駐在所)開設
平成13年3月 滋賀ボルト株式会社(資本金2億円)の株式を取得し、当社の連結子会社とする
平成13年7月 沖縄営業所開設
平成13年10月 設備の保守、点検業務及び外注工事の内社化を図るため、「日亜機電株式会社」を資本金3,000万円にて設立
平成13年11月 興国鋼線索株式会社(資本金4億5,000万円)の株式を取得し、当社の連結子会社とする
平成17年2月 沖縄営業所閉所
平成17年4月 中国駐在事務所(北京市)開設
平成17年10月 鋲螺工場を閉鎖し、茨城工場に移転