※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

立山アルミニウム工業
本社:富山県高岡市早川550番地

【商号履歴】
立山アルミニウム工業株式会社(1960年1月~2006年6月1日三協アルミニウム工業株式会社に合併)
立山鋳造株式会社(1948年10月~1960年1月)

【株式上場履歴】
<名証2部>1989年12月6日~2003年11月25日(三協・立山ホールディングス株式会社に株式移転)

【合併履歴】
2002年10月 日 立山合金工業株式会社

【沿革】
1948(昭和23)年10月 「立山鋳造株式会社」として設立。アルミ鋳造の鍋・釜等の製造販売を目的とする
1952(昭和27)年5月 東洋テルミー株式会社(旧・泰道化工株式会社)設立
1960(昭和30)年1月 商号を「立山アルミニウム工業株式会社」に変更
1961(昭和36)年8月 本社工場(高岡市早川)を新設移転
1963(昭和38)年6月 アルミショーケース販売を開始
1966(昭和41)年1月 アルミ建材の販売を開始
1966(昭和41)年12月 立山合金工業株式会社設立
1968(昭和43)年5月 北海道立山アルミ株式会社設立
1968(昭和43)年10月 高岡工場(高岡市北島)を新設、住宅用サッシの生産を開始
1969(昭和44)年3月 東北立山アルミ販売株式会社設立
1969(昭和44)年7月 石川立山サッシ販売株式会社設立
1969(昭和44)年10月 三精工業株式会社(旧・株式会社トヤマキンゾク)設立
1970(昭和45)年10月 富山立山サッシ販売株式会社(旧・富山立山建材株式会社)設立
1973(昭和48)年3月 立山カセイ株式会社(旧・ヒミ合成株式会社)設立
1973(昭和48)年5月 高岡工場でビル用サッシの生産を開始
1973(昭和48)年6月 福岡工場(富山県西砺波郡福岡町)を新設、住宅用サッシの生産を開始
1976(昭和51)年12月 立山エクストーン株式会社(旧・立山石材株式会社)設立
1980(昭和55)年10月 福岡工場、第1期増設工事として皮膜、加工工場を完成
1981(昭和56)年8月 立山サッシ販売株式会社(旧・砺波立山サッシ株式会社)設立
1984(昭和59)年1月 立山アルミ外装株式会社設立
1985(昭和60)年12月 福岡工場、第2期増設工事として加工工場を完成
1988(昭和63)年4月 茨城工場(牛久市桂町)を新設、住宅用サッシおよびビル用サッシの生産を開始
1988(昭和63)年5月 福岡西工場(富山県西砺波郡福岡町)を新設、住宅用サッシの生産を開始
1989(平成元)年9月 小矢部工場・物流センター(小矢部市水牧)を新設、住宅用サッシの生産を開始
1989(平成元)年12月 名古屋証券取引所市場第二部に上場
1990(平成2)年10月 福岡西工場、第2期増設工事として加工工場を完成
1991(平成3)年12月 高岡工場、増設工事としてビル用サッシ加工工場を完成
2001(平成13)年3月 富山立山サッシ販売株式会社が立山サッシ販売株式会社を吸収合併し、商号を立山サッシ販売株式会社と変更 
2002(平成14)年10月 立山合金工業株式会社を吸収合併
2003(平成15)年10月 株式会社赤松立山が東北立山アルミ販売株式会社を吸収合併し、商号を東北立山アルミ販売株式会社と変更