※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

LIXIL鈴木シャッター
本社:東京都豊島区南大塚一丁目1番4号

【商号履歴】
株式会社LIXIL鈴木シャッター(2011年4月1日~)
トステム鈴木シャッター株式会社(2001年4月~2011年4月1日)
鈴木シャッター工業株式会社(1970年3月~2001年4月)
鈴木シャタア工業株式会社(1939年10月~1970年3月)
株式会社建築金物商会(1936年7月~1939年10月)

【株式上場履歴】
<店頭>1990年11月5日~2000年9月26日(トステム株式会社と株式交換)

【合併履歴】
2002年10月 日 鈴木シャッター九州販売株式会社
2001年11月 日 鈴木シャッター東京工事株式会社
1985年3月 日 鈴木シャッター販売株式会社
1970年3月 日 鈴木シヤタア産業株式会社

【沿革】
1903(明治36)年4月 東京市京橋区に「建築金物商会」として創業しシャッターの研究製造に着手
1936(昭和11)年7月 株式会社に改組し東京市豊島区に株式会社建築金物商会を設立(資本金50万円)、工場を本社所在地に建設
1939(昭和14)年10月 商号を鈴木シャタア工業株式会社に変更
1962(昭和37)年3月 東京都板橋区に志村工場を建設し豊島区を工場を移転
1965(昭和40)年2月 神奈川県伊勢原市に軽量シャッター専門会社として、既存の鈴木機械工業株式会社を商号変更し鈴木シヤタア産業株式会社として発足
1967(昭和42)年3月 香港に現地法人、香港鈴木鉄閘廠有限公司を設立
1969(昭和44)年2月 三機工業株式会社と資本提携
1969(昭和44)年7月 神奈川県横浜市に横浜支店開設
1970(昭和45)年3月 鈴木シヤタア産業株式会社を吸収合併し神奈川工場とする、商号を鈴木シャッター工業株式会社に変更
1970(昭和45)年4月 福岡県粕屋郡宇美町に福岡工場を建設
1978(昭和53)年8月 関西地区営業を統括するため、大阪市に鈴木シャッター販売株式会社設立
1979(昭和54)年10月 工事部門専門会社として鈴木シャッター東京工事株式会社設立
1981(昭和56)年9月 埼玉県川越市に埼玉工場を建設し志村工場を閉鎖
1982(昭和57)年4月 沖縄地区販売拠点として、那覇シャッターサービス株式会社設立(現・那覇シャッター株式会社)
1982(昭和57)年6月 不動産賃貸を事業目的に追加
1984(昭和59)年8月 名古屋鈴木シャッター販売株式会社を鈴木シャッター販売株式会社に吸収合併
1985(昭和60)年3月 鈴木シャッター販売株式会社を吸収合併し、資本金311,500千円となる。被合併会社の本店を大阪支店とし、同社名古屋・広島支店を継承
1985(昭和60)年4月 福岡県福岡市に鈴木シャッター九州販売株式会社を設立(出資比率100%)
1986(昭和61)年8月 埼玉県川越市に埼玉第二工場建設
1990(平成2)年3月 取付工事部門機能強化のため、東京工事株式会社を当社100%子会社とする
1990(平成2)年11月 社団法人日本証券業協会の店頭登録銘柄となる
1993(平成5)年3月 福岡工場増設
1993(平成5)年10月 東京都豊島区に本社新社屋建設
1995(平成7)年4月 大阪支店新社屋建設
2000(平成12)年6月 株主総会でトステム株式会社との株式交換契約締結を承認
2000(平成12)年10月1日 株式交換によりトステム株式会社の完全子会社となる