新日軽
本店:東京都品川区大崎一丁目11番1号

【商号履歴】
新日軽株式会社(1989年1月11日~2011年4月1日トステム株式会社に合併)
日軽交通施設株式会社(1980年10月1日~1989年1月11日)

【株式上場履歴】
<東証2部>1990年12月14日~2000年7月 日(日本軽金属株式会社と株式交換)
<大証2部>1991年11月 日~2000年7月 日(日本軽金属株式会社と株式交換)

【合併履歴】
1989年4月1日 新日軽株式会社

【沿革】
当社(実質上の存続会社、昭和59年2月1日設立)は1株の額面金額を5万円から50円に変更するため、平成元年4月1日を合併期日として、新日軽株式会社(旧日軽交通施設株式会社、昭和55年10月1日設立、平成元年1月11日、新日軽株式会社に商号変更)と合併しています。以下は特記なき限り実質上の存続会社とその企業集団の沿革について記載しています。
昭和59年2月 日本軽金属株式会社の全額出資により、アルミニウム建材の販売を目的として新日軽株式会社(実質上の存続会社)を設立。
昭和59年4月 日本軽金属株式会社から中低層ビル部門およびショップフロント部門の販売に関する営業ならびに新日軽住宅建材株式会社から住宅建材の販売に関する営業を譲り受け、営業を開始(資本金30億円に増資)。
昭和61年4月 日本軽金属株式会社のビル建材部門の超高層ビル部門および改装建築部門の販売に関する営業を譲り受け、超高層ビルから木造住宅までの幅広い営業を行う総合建材販売会社の体制を構築。
昭和63年3月 ホクセイアルミニウム株式会社を吸収合併し、住宅建材に関する製造販売を一体化し、効率的な体制を確立(資本金35億円)。同社工場を北陸製造所として設置。苫小牧加工課を事業規模の拡大に伴い、苫小牧工場として設置。
平成元年4月 額面変更のため、形式上の存続会社と合併。
平成2年12月 東京証券取引所市場第二部に上場。
平成3年11月 大阪証券取引所市場第二部に上場。
平成4年11月 ビル建材の主力生産拠点である北陸製造所小矢部工場を本格稼動させ、ビル建材の一貫生産体制を確立。
平成5年10月 関東・東北地区の加工・物流拠点として藤岡工場の操業開始。
平成8年2月 関西地区の加工・物流拠点として八日市工場を竣工。
平成8年10月 日本軽金属株式会社から船橋工場の建材事業部門の営業を譲り受け、製販の一体化を推進。
平成12年8月 日本軽金属株式会社との株式交換契約により、同社の完全子会社へ移行(平成12年7月、株式交換に先立ち、東京・大阪証券取引所の上場廃止)。