アルメタックス
本店:大阪市北区大淀中1丁目1番30号

【商号履歴】
アルメタックス株式会社(1986年4月~)
関西アルミ株式会社(1969年11月24日~1986年4月)
関西軽金属株式会社(1969年11月12日~1969年11月24日)

【株式上場履歴】
<東証2部>2013年7月16日~
<大証2部>1993年9月 日~2013年7月15日(東証に統合)
<大証2部特別>1991年12月3日~1993年 月 日(2部指定)
<京証>1991年12月3日~  年 月 日

【合併履歴】
2001年4月 日 関西アルミ製造株式会社
1978年1月 日 ニッサアルミ販売株式会社

【沿革】
昭和40年7月、当社の設立時共同出資会社の一社となる日本エコンアルミ㈱が日本砂鉄鋼業㈱と八幡エコンスチール㈱の共同出資により設立されました。昭和44年11月に日本エコンアルミ㈱と日本砂鉄鋼業㈱との共同出資によりアルミビレットの製造販売を事業内容とする関西軽金属㈱(昭和44年11月12日設立、昭和44年11月24日関西アルミ㈱に商号変更、昭和61年4月1日アルメタックス㈱に商号変更)が設立され本格的なアルミビレットの溶解鋳造生産販売を開始いたしました。
昭和44年11月 日本エコンアルミ㈱の原材料部門として日本砂鐵鋼業㈱との共同出資により「関西軽金属株式会社」(本店所在地 滋賀県栗東市、資本金30百万円)を設立。
昭和44年11月24日 商号を「関西アルミ株式会社」に変更。
昭和45年10月 栗東工場(滋賀県栗東市)竣工。アルミビレットの生産開始。
昭和50年11月 本社を大阪市東区に移転。(登記上本店所在地は滋賀県栗東市)
昭和52年12月 本社を大阪市淀川区に移転。
昭和53年1月 ニッサアルミ販売㈱と合併し、関東地区における住宅用アルミ建材の販売を開始。関東地区の営業拠点として東京営業所(東京都千代田区)を開設。
昭和53年3月 日本砂鐵鋼業㈱と合同製鐵㈱との合併を機に、前者のアルミ製品の製造販売を継承。
昭和53年5月 滋賀工場(滋賀県栗東市)を新設し、住宅用アルミ建材の生産を開始。
昭和55年4月 業容の拡大のため、東京営業所を東京都中央区に移転。
昭和60年11月 関東工場(茨城県古河市)を新設し、住宅用アルミ建材の生産を開始。
昭和61年4月 CIの導入を図り「アルメタックス株式会社」に商号変更。
昭和63年4月 関東地区の販路拡大を図り東京営業所を東京支店に昇格。
平成元年3月 栗東工場の土地・建物等の生産設備を子会社、関西アルミ製造㈱(連結子会社)に営業譲渡。
平成元年7月 山口工場(山口県山口市)を新設し、住宅用アルミ建材の生産を開始。
平成2年6月 関東工場第2工場竣工。
平成3年12月 大阪証券取引所市場第二部特別指定銘柄及び京都証券取引所に上場。
平成5年7月 本社を大阪市北区大淀中1丁目1番93号に移転。
平成5年9月 大阪証券取引所市場第二部特別指定銘柄の指定解除。
平成7年7月 東京支店を現在地(東京都新宿区)に移転。
平成8年4月 静岡工場(静岡県掛川市)を新設し、住宅用アルミ建材の生産を開始。
平成9年8月 東北工場(宮城県色麻町)を新設し、住宅用アルミ建材の生産を開始。
平成13年4月 関西アルミ製造㈱(連結子会社)を吸収合併。
平成13年6月 本店所在地を大阪市北区に移転。
平成16年3月 本社及び本店所在地を現在地(大阪市北区大淀中1丁目1番30号)に移転。