※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

三協立山
本店:富山県高岡市早川70番地

【商号履歴】
三協立山株式会社(2012年6月1日~)
三協立山アルミ株式会社(2006年6月1日~2012年6月1日)
三協アルミニウム工業株式会社(1967年6月~2006年6月1日)
株式会社堀川製作所(1945年6月19日~1967年6月)

<東証1部>2012年12月1日~
<東証1部>1972年4月1日~2003年11月25日(三協・立山ホールディングス株式会社に株式移転)
<大証1部>1972年4月1日~2003年11月25日(三協・立山ホールディングス株式会社に株式移転)
<東証2部>1970年12月10日~1972年3月31日(1部に指定替え)
<大証2部>1970年12月10日~1972年3月31日(1部に指定替え)

【合併履歴】
2012年12月1日 三協・立山ホールディングス株式会社
2006年6月1日 立山アルミニウム工業株式会社
2001年12月 日 富山軽金属工業株式会社
1967年6月 日 三協アルミニウム工業株式会社

【沿革】
当社は、昭和42年6月に株式の額面金額変更のため、形式的に株式会社堀川製作所(昭和20年6月19日設立)に吸収合併される形態をとっております。合併前の株式会社堀川製作所は休業状態にあり、経営の実態は、昭和35年6月20日設立の被合併会社(三協アルミニウム工業株式会社)にあり、特に記載のない限り実質上の存続会社に関して記載しております。
昭和35年6月 会社設立、本社及び工場を富山県高岡市早川70番地に設け、アルミニウム日用品(鍋・湯沸等)の製造、販売を開始。
昭和36年9月 アルミニウム板金製品(流し台等)、アルミニウム建材製品(サッシ等)の製造、販売を開始。
昭和40年10月 高岡市佐加野に工場設置、ビル用サッシ専門工場として稼動。
昭和44年8月 富山県西砺波郡福光町に工場設置、住宅用サッシ専門工場として稼動。
昭和44年12月 富山軽金属工業株式会社設立。アルミニウムの押出加工及び陽極酸化皮膜加工を開始。
昭和45年8月 協立アルミ株式会社設立。家庭日用品(アルミニウム製湯沸かし・ケトル)の生産を開始。
昭和45年12月 東京及び大阪証券取引所市場第2部に上場。
昭和47年4月 東京及び大阪証券取引所市場第1部に上場。
昭和48年6月 三協工機株式会社設立。アルミニウム押出金型の生産を開始。
昭和49年4月 富山県東砺波郡福野町に工場設置、規格用サッシ専門工場として稼動。
昭和50年3月 三協化成株式会社設立。窓枠用ガスケットの生産を開始。
昭和53年10月 富山県氷見市に工場設置、雨戸専門工場として稼動。
昭和56年6月 当社直営の販売会社として、上田三協販売株式会社(現 長野三協販売株式会社(連結子会社))他を設立。以降、全国的に、販売会社設立を展開。
昭和61年10月 富山合金株式会社設立。アルミビレットの製造とアルミニウム製品の表面加工(フロン)を開始。
昭和62年5月 富山県新湊市に工場設置、ビル用サッシ専門工場として稼動。
平成4年12月 サンクリエイト株式会社設立。アルミ鋳物製品の製造販売を開始。
平成5年10月 福岡県八女市に工場設置、住宅用建材を主とした加工・組立工場及び九州地域の物流サービス拠点として稼動。
平成11年2月 三協物流サービス株式会社設立。サッシその他建築資材の運送取扱を開始。
平成13年12月 富山軽金属工業株式会社と合併。
平成15年4月 株式交換により富山合金株式会社、協立アルミ株式会社、三協化成株式会社、三協工機株式会社を完全子会社化
平成18年6月1日 立山アルミニウム工業株式会社を吸収合併し、三協立山アルミ株式会社に商号変更
平成19年6月 マテリアル事業を分社化し、三協マテリアル株式会社を設立
平成20年6月 生産統合会社であるSTプロダクツ株式会社を吸収合併
平成24年6月 三協立山アルミ株式会社は、三協マテリアル株式会社及びタテヤマアドバンス株式会社を吸収合併し、商号を三協立山株式会社とする