※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

岡部
本店:東京都墨田区押上二丁目8番2号

【商号履歴】
岡部株式会社(1963年8月~)
岡部鉄工株式会社(1944年2月1日~1963年8月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1991年6月3日~
<東証2部>1972年7月3日~1991年6月2日(1部に指定替え)

【合併履歴】
2005年1月 日 岡部建材株式会社
2005年1月 日 岡部ストラクト株式会社
2005年1月 日 岡部土木株式会社
1963年8月 日 岡部商事株式会社

【沿革】
大正6年4月 創業者岡部蜜之助のボルト、ナット、カスガイ、その他一般建築用金物の製造ならびに販売を目的とした個人営業にはじまり、昭和8年10月に合資会社岡部鉄工所に改組。
昭和19年2月 合資会社岡部鉄工所を改組し、資本金30万円をもって岡部鉄工株式会社を設立。
昭和26年8月 フォームタイ(コンクリート型枠締付ボルト)の製品化に成功、製造販売を開始。
昭和31年6月 通商産業大臣よりフォームタイ類につき日本工業規格表示の認可を受領。
昭和37年4月 埼玉県越谷市に東京工場を新設し、操業を開始。
昭和38年8月 岡部商事株式会社を吸収合併し、社名を岡部株式会社と変更。
昭和43年7月 京都府久世郡久御山町に京都工場を新設し、操業を開始。
昭和47年7月 東京証券取引所の市場第二部に上場。
昭和50年11月 東京工場を全面移転し、埼玉県久喜市に久喜工場を新設し、操業を開始。
昭和52年7月 市場開拓のため、米国イリノイ州にオカベ CO.,INC.(連結子会社)を全額出資により設立。
昭和57年9月 第1次分社として、全国の支店・営業所を分離独立させ全額出資の販売子会社28社を設立。
昭和59年12月 小林産業株式会社と業務提携等の契約を締結。
昭和60年12月 第2次分社として、土木部門を分離独立させ全額出資の岡部土木株式会社を設立、研究所を分離独立させ全額出資の岡部エンジニアリング株式会社(清算)を設立。
昭和61年2月 第2次分社の一環として、主要製品製造工場を分離独立させ全額出資の岡部機工株式会社を設立。
昭和63年11月 新たにカナダにおいてホテル事業に参入するため、コースト・ホテル・グループの持株会社であるコースト・ホテルズLTD.の株式を全株取得し、同社の商号をオカベ・カナダ・インベストメンツ CO.,LTD.(連結子会社)と変更(現オカベ・ノースアメリカINC.)。
平成3年6月 東京証券取引所市場第二部から市場第一部へ指定替。
平成4年2月 広島県賀茂郡大和町(現三原市)に、製造子会社である岡部機工株式会社に貸与するため、広島工場を新設し、操業を開始(操業休止中)。
平成12年10月 香港・中国・台湾への事業展開に備えて、香港企業の株式を取得し、商号を香港岡部有限公司(連結子会社)に変更。
平成13年1月 岡部東京販売株式会社を存続会社として他の販売子会社15社を吸収合併させ、商号を岡部建材株式会社に変更。岡部テック株式会社を存続会社として他の構造機材製品担当子会社2社を吸収合併させ、商号を岡部ストラクト株式会社に変更。
平成13年7月 岡部建材株式会社を存続会社として製造子会社の岡部機工株式会社を吸収合併させ、建設領域事業における3事業会社体制(岡部建材株式会社、岡部ストラクト株式会社、岡部土木株式会社)を確立。当社はグループの総本社として持株会社体制に移行。
平成17年1月 当社を存続会社として事業子会社の岡部建材株式会社、岡部ストラクト株式会社および岡部土木株式会社を吸収合併し、事業会社として一体化した新体制に移行。
平成17年4月 自動車関連製品事業の拡大のため、米国にオカベ・ホールディングUSA,Inc.(連結子会社)を全額出資により設立。また、同社を経由して米国において自動車用バッテリー端子の製造販売事業を展開しているウォーターグレムリンCo.(連結子会社)の株式を全株取得。