※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スーパーツール
本店:大阪府堺市中区見野山158番地

【商号履歴】
株式会社スーパーツール(1987年7月16日~)
相互建物株式会社(1960年12月10日~1987年7月16日)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1994年3月16日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【合併履歴】
1987年7月16日 株式会社スーパーツール

【沿革】
当社(形式上の存続会社 旧社名・相互建物株式会社、昭和35年12月10日設立)は、昭和62年7月16日を合併期日として、株式会社スーパーツール(実質上の存続会社、昭和17年9月15日設立)を吸収合併しました。この合併は、実質上の存続会社である旧・株式会社スーパーツールの経営基盤の強化と企業合理化のため行われたものであります。なお形式上の存続会社である相互建物株式会社は、同日付をもって株式会社スーパーツールに商号を変更しております。合併前の当社(形式上の存続会社)は、旧・株式会社スーパーツール及び外食産業企業に不動産を賃貸しておりましたが、その事業規模は、旧・株式会社スーパーツールに比べて小さく、合併後も企業の実態は、旧・株式会社スーパーツールがそのまま存続しているのと同様の状態であります。このため別段の記載のない限り、実質上の存続会社である旧・株式会社スーパーツールについて記載しております。
昭和17年9月 日鍛工器株式会社として大阪府堺市高須町に設立。本社工場(大阪府堺市高須町)、第二工場(大阪府堺市北清水町)にて、作業工具・鍛造品の製造をはじめる。
昭和32年1月 本社及び本社工場を大阪府堺市南清水町に移転、同時に第二工場を廃止し本社工場に統合。鍛造から機械・熱処理・仕上の一貫生産体制をとる。
昭和32年12月 東京都港区に東京営業所を開設する。(昭和36年4月東京都品川区に移転する。)
昭和40年3月 営業部門を独立させ、株式会社スーパーツールを大阪府堺市南清水町に設立、代理店・特約販売店制度をとる。これに伴い同年10月に東京営業所を廃止、株式会社スーパーツールに移管する。
昭和40年12月 本社工場を大阪府堺市見野山(現在地)に移転、合理的な一貫生産体制の整備と無公害設備工場を完成する。
昭和41年5月 本社工場敷地内に本社を移転する。同年11月に品質管理体制を整備、スーパー印製品に永久保証制度を実施する。
昭和52年9月 吊クランプを開発し、販売開始する。
昭和55年3月 製・販一体化による経営基盤強化をはかるため、株式会社スーパーツールを吸収合併し、商号を株式会社スーパーツールに変更する。これに伴い、東京・大阪・名古屋に営業所を設置、札幌・仙台・新潟(昭和57年12月廃止)・静岡(昭和60年4月廃止)・高松・広島・福岡に出張所を設置する。
昭和57年12月 群馬県高崎市に高崎出張所を設置する。
昭和62年7月 経営基盤強化のため、相互建物株式会社と合併する。
昭和63年6月 東京・大阪の各営業所を支店に昇格し、各出張所を営業所とする。
平成元年9月 富山県富山市に富山営業所を設置する。
平成3年11月 本社新社屋を竣工する。
平成5年6月 簡易組立式クレーン及び住宅施工用機器を開発し、販売開始する。
平成6年3月 日本証券業協会の承認により店頭登録銘柄に指定される。
平成6年6月 高崎営業所を群馬県太田市へ移転し、北関東営業所に名称変更する。
平成9年5月 横浜市都筑区に南関東営業所、新潟県新潟市に新潟営業所を設置する。
平成10年3月 特殊天井走行型クレーンを開発し、販売開始する。
平成10年11月 富山営業所と高松営業所を大阪支店に、南関東営業所を東京支店に統合する。
平成11年10月 名古屋営業所を支店に昇格する。
平成14年12月 広島営業所を大阪支店に、北関東営業所を東京支店に統合する。
平成16年5月 仙台営業所を東京支店に統合する。
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取り消し、株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場する。