※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダイハツディーゼル
本店:大阪市北区大淀中一丁目1番30号

【商号履歴】
ダイハツディーゼル株式会社(?~)
?(1939年4月29日~?)

【株式上場履歴】
<東証2部>2013年7月16日~
<大証2部>1977年11月1日~2013年7月15日(東証に統合)

【合併履歴】
2000年5月 日 ダイハツディーゼル機器株式会社
2000年5月 日 株式会社ニッカナ
1970年4月 日 ダイハツディーゼル株式会社

【沿革】
昭和41年5月 ダイハツ工業株式会社から、船舶用および汎用ディーゼル機関の製造・販売を行っていた大阪事業部を分離し、新たに「ダイハツディーゼル株式会社」を設立。
昭和43年8月 九州地区の内燃機関販売代理店として長崎マリンサービス株式会社を設立(現ダイハツディーゼル西日本株式会社・連結子会社)。
昭和44年8月 滋賀県守山市に守山工場を建設、操業開始。
昭和45年4月 株式額面金額を変更するため会社合併を行った。(登記上の設立年月日:昭和14年4月29日)
昭和45年4月 四国地区の内燃機関販売代理店としてダイハツディーゼル今治サービス株式会社を設立(現ダイハツディーゼル四国株式会社・連結子会社)。
昭和47年12月 近畿・中国・山陰地区の内燃機関販売代理店として中日本ダイハツディーゼル販売株式会社を設立(現ダイハツディーゼル中日本株式会社・連結子会社)。
昭和52年11月 大阪証券取引所市場第二部に株式を上場。
昭和54年1月 滋賀県守山市に守山第二工場を建設、操業開始。
昭和54年1月 関東・東北・北海道地区の内燃機関販売代理店として東日本ダイハツディーゼル販売株式会社を設立(現ダイハツディーゼル東日本株式会社・連結子会社)。
昭和56年9月 米国に北・中米総販売代理店としてDAIHATSU DIESEL (U.S.A.) INC.を設立(現DAIHATSU DIESEL (AMERICA) INC.・連結子会社)。
昭和56年12月 内燃機関の塗装・梱包・運送を目的としてダイハツディーゼル輸送株式会社を設立(現ディーエス商事株式会社・連結子会社)。
昭和57年1月 中国の安慶ディーゼル社および陜西ディーゼル社とディーゼルエンジンに関する技術提携契約を締結。
昭和57年8月 シンガポールにアジア総販売代理店としてDAIHATSU DIESEL (SINGAPORE) PTE. LTD. を設立(現DAIHATSU DIESEL (ASIA PACIFIC) PTE. LTD.・連結子会社)。
昭和58年8月 守山第二工場に部品センター、研究工場を建設。
昭和58年10月 英国に欧州総販売代理店としてDAIHATSU DIESEL (EUROPE) LTD.設立(現・連結子会社)。
昭和60年11月 東海・北陸・信越地区の内燃機関販売代理店として中部ダイハツディーゼル販売株式会社を設立(現ダイハツディーゼル中部株式会社・連結子会社)。
昭和61年4月 守山第二工場にダイカスト工場を建設。アルミダイカストの生産を開始。
昭和61年4月 情報通信業務を株式会社ダイテクとして独立、設立。(現・連結子会社)
昭和61年9月 近畿地区の部品販売会社としてディー・ディー部品サービス株式会社を設立(現ダイハツディーゼル部品サービス株式会社・連結子会社)。
昭和61年11月 守山第二工場に精機メカトロ工場を建設、精機メカトロの生産開始。
平成2年9月 大阪市中央区に本社移転。
平成3年11月 旧本社跡地に積水ハウス株式会社他2社と再開発事業を行うにあたりダイハツディーゼル梅田シティ株式会社を設立、貸事務所および駐車場業を開始(現・連結子会社)。
平成5年12月 中国に上海事務所を開設。
平成6年1月 英国LRQAから国際品質標準規格のISO9001の認証を取得。
平成6年10月 オランダのオプラ社と高効率超低NOxガスタービンの販売ならびに共同開発契約を締結。
平成11年2月 株式会社トヨタタービン&システムと小型ガスタービンの販売提携契約を締結。
平成11年6月 守山第二工場に物流工場を建設、倉庫賃貸業を開始。
平成12年5月 ダイハツディーゼル機器株式会社と株式会社ニッカナの2社を建築機器関連事業の再構築を図るために合併、新たにダイハツディーゼル エヌ・エイチ・エヌ株式会社(現・連結子会社)を設立。
平成12年5月 中国に中国総販売代理店としてDAIHATSU DIESEL (SHANGHAI) CO.,LTD.を設立。
平成12年12月 食品廃棄物処理装置(商品名:還土抜群)の販売開始。
平成12年12月 守山工場に国際環境基準ISO14001の認証を取得。
平成13年10月 守山第一工場に技術開発センター、史料館を建設。
平成13年12月 韓国のHSDエンジン社(現ゲン 斗山エンジン社シャ)とディーゼルエンジンに関する技術提携契約を締結。
平成15年1月 日本鋼管株式会社、岩谷産業株式会社の2社と共同で、DME(ジメチルエーテル)を燃料とした大型ディーゼルエンジン発電システムの開発に着手。
平成16年4月 台湾に台湾事務所を開設。
平成16年10月 三井造船株式会社とガスエンジンに関する技術提携契約を締結。
平成17年4月 ダイハツディーゼルエヌ・エイチ・エヌ株式会社を会社分割。承継会社としてNHN興産株式会社、分割新設会社としてダイハツディーゼルエヌ・エイチ・エヌ株式会社を設立(現・連結子会社)。
平成17年5月 守山第二工場に発電設備を建設。株式会社フェスコパワーステーション滋賀と賃貸契約を締結。
平成17年7月 大阪市北区に本社移転。
平成17年9月 守山工場に中国船級社(CCS)工場認定を取得。
平成19年3月 資本金を24億3,430万円に増資。