※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

朝比奈機械
本社:東京都保谷市柳沢2丁目14番21号

【商号履歴】
朝比奈機械(1950年6月~1996年12月18日東芝機械株式会社に合併)

【株式上場履歴】
<店頭>1963年5月 日~1996年9月21日(登録取消申請)

【沿革】(1989年3月期有価証券報告書より)
1897(明治30)年11月 朝比奈幸太郎氏により東京都三田四国町に株式会社朝比奈鉄工所を設立。以降、軍の指定工場として東京(三田、保谷)、静岡、名古屋の各工場にて生産に従事。
1950(昭和25)年3月 株式会社朝比奈鉄工所閉鎖。
1950(昭和25)年6月 株式会社朝比奈鉄工所保谷工場の資産を継承し、新会社朝比奈機械株式会社設立、資本金100万円で竪型凸版印刷機械の製造販売を行う。
1959(昭和34)年6月 増資により資本金400万円となる。
1960(昭和35)年4月 増資により資本金1,600万円となる。
1961(昭和36)年4月 増資により資本金3,200万円となる。
1961(昭和36)年12月 増資により資本金6,400万円となる。(現東芝機械株式会社、資本参加)
1962(昭和37)年9月 増資により資本金10,000万円となる。工場を拡充整備、横中ぐり盤の生産体制を完成。
1963(昭和38)年5月 株式を東京店頭市場に公開する。
1963(昭和38)年10月 米国ATF社とオフセット印刷機械の技術提携をする。
1963(昭和38)年12月 増資により資本金15,000万円となる。
1971(昭和46)年4月 立軸円テーブル形平面研削盤の製造を行う。
1971(昭和46)年10月 食品機械の生産を行う。東芝機械株式会社と立軸円テーブル形平面研削盤の総代理店契約を締結する。
1977(昭和52)年4月 立軸円テーブル形平面研削盤オートローダー機完成。
1983(昭和58)年11月 大型組立工場完成。