オーエスジー
本店:愛知県豊川市本野ヶ原三丁目22番地

【商号履歴】
オーエスジー株式会社(1963年6月~)
株式会社大沢螺子研削所(1938年3月26日~1963年6月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1981年6月1日~
<名証1部>1981年6月1日~
<東証2部>1970年12月1日~1981年5月31日(1部指定)
<名証2部>1964年12月10日~1981年5月31日(1部指定)

【合併履歴】
2006年12月 日 株式会社モリヤマ
1992年12月1日 オーエスジー販売株式会社
1942年5月 日 株式会社溝淵製作所

【沿革】
昭和13年3月 資本金5万円をもって東京府に株式会社大沢螺子研削所を創立、タップ・ダイスの製造販売を開始。
昭和17年5月 ㈱溝淵製作所を買収合併し、ねじゲージの製造開始。
昭和17年7月 商工省指定製造会社に指定される。
昭和18年3月 陸軍航空本部監督工場に指定される。
昭和18年5月 愛知工場建設(現・OSGアカデミー)。
昭和20年2月 戦災により東京工場を山梨県韮崎町と栃木県田沼町へ分散疎開。
昭和20年8月 終戦により全工場を閉鎖、韮崎工場、田沼工場を解体。
昭和21年5月 本社を東京都杉並区に移転し、同時に愛知工場の操業を開始。
昭和26年8月 本社を東京都千代田区に移転。
昭和30年4月 本社を愛知県宝飯郡一宮村に移転。
昭和31年12月 ハンドタップJIS1級表示許可工場の指定を受ける。
昭和33年3月 ねじゲージJIS2・3級の表示許可工場の指定を受ける。
昭和36年4月 豊川工場を新設し、操業を開始する。
昭和38年5月 ねじ転造平ダイスの製造を開始する。
昭和38年6月 社名をオーエスジー株式会社に変更する。
昭和38年12月 販売部門を分離し、オーエスジー販売㈱に販売業務を移管。
昭和39年12月 株式を名古屋証券取引所市場第二部に上場。
昭和40年1月 ねじゲージJIS1級の表示許可工場の指定を受ける。
昭和42年3月 大池工場を新設し、操業を開始する。
昭和43年2月 オーエスジー販売㈱と共同出資により、米国に現地法人の販売会社OSG Tap and Die, Inc. Illinoisを設立(現・連結子会社)。
昭和45年10月 エンドミルの製造開始。
昭和45年12月 株式を東京証券取引所市場第二部に上場。
昭和46年12月 豊橋工場を新設し、操業を開始する。
昭和48年10月 豊橋工場第2期工事完成、エンドミル部門を集結する。
昭和49年11月 ブラジルサンパウロ州に現地法人の工具メーカーOSG Ferramentas de Precisâo Ltda.を設立(現・OSG Tungaloy Sulamericana de Ferramentas Ltda.、連結子会社)。
昭和53年8月 転造工具の製造設備(旋削工程)を豊橋工場から豊川工場へ移設する。
昭和55年9月 超硬エンドミルの製造開始。
昭和56年6月 東京証券取引所及び名古屋証券取引所の市場第一部に上場。
昭和57年2月 新城工場第1期工事完成、エンドミルの製造設備(研削工程)を豊橋工場から移設する。
昭和57年3月 豊川工場の転造工具の製造設備(旋削工程)を豊橋工場へ移設し、一貫生産体制を確立する。
昭和58年12月 新城工場第2期工事完成、エンドミルの製造設備(旋削工程)を豊橋工場から移設し、一貫生産体制を確立する。
昭和59年3月 ドリルの製造開始。
昭和60年10月 韓国に㈱秀一精密と合弁で韓国OSG㈱を設立(現・連結子会社)。
昭和62年2月 カッターボディーの製造開始。
平成2年11月 八名工場完成、タップの集中生産を確立する。
平成3年5月 新城工場から本社工場(現・大池工場)にドリル、カッターボディー、超硬工具製品、宮前工場(現・OSGアカデミー)から豊橋工場に測定工具の製造設備を移設し、生産体制の再編成を行う。
平成4年12月 オーエスジー販売㈱と合併。
平成5年2月 本社を愛知県豊川市に移転。
平成7年1月 英国に現地法人の持株会社OSG Limitedを設立(現・OSG Europe Limited、連結子会社)。
平成9年11月 ベルギーに現地法人の持株会社OSG Belgium S.A.を設立(現・OSG Europe S.A.、連結子会社)。
平成12年5月 新城工場、大池工場及び八名工場の製造設備を再編成。
平成12年12月 神谷精工㈱を買収(現・ORS㈱、連結子会社)。
平成13年7月 中国(上海)に現地法人の販売会社欧士机(上海)精密工具有限公司を設立(現・連結子会社)。
平成13年10月 米国の現地法人であるQuality Carbide Tool Inc.を完全子会社化(現・連結子会社)。
平成13年12月 コーティング部門を分社化し、オーエスジーコーティングサービス㈱を設立(現・連結子会社)。
平成14年7月 スペインに現地法人の販売会社OSG Tooling Iberica, S.L.を設立(現・連結子会社)。
平成15年1月 ドイツに現地法人の販売会社OSG GmbHを設立(現・連結子会社)。
平成15年12月 イタリアのVUMAT S.R.L.を買収(現・OSG ITALIA S.R.L.、連結子会社)。
平成16年6月 米国の転造工具製造会社であるSterling Die, Inc.を買収(現・連結子会社)。
平成16年6月 中国に現地法人の超硬切削工具製造会社、奥斯机(上海)精密工具有限公司を設立(現・連結子会社)。
平成16年10月 米国にOSG Power Tools, Inc.を設立(現・連結子会社)。
平成17年6月 特殊小ねじ事業部門を分社化し、オーエスジーシステムプロダクツ㈱を設立(現・連結子会社)。
平成17年7月 ㈱ノダ精工を株式交換により買収(現・連結子会社)。
平成17年10月 米国の切削工具製造会社であるNAS Precision L.L.C.を完全子会社化(現・NAS Precision,Inc.、連結子会社)。
平成17年11月 ㈱金型コンサルを株式交換により買収(現・連結子会社)。
平成18年5月 ドイツのHans Esslinger GmbHを買収(現・連結子会社)。
平成18年7月 ㈱タンガロイと資本・業務提携契約を締結。
平成18年9月 ㈱日新ダイヤモンド製作所を買収(現・連結子会社)。
平成18年12月 ㈱モリヤマを吸収合併。
平成19年7月 カナダのCorrect Tool Cutter Grinder Services Inc.を買収(現・OSG Correct Tool Ltd.、連結子会社)。
平成19年10月 スペインのComercializacion Y Mantenimiento De Herramientas De Corte, S.A.を買収(現・連結子会社)。