富士精工
本店:愛知県豊田市吉原町平子26番地

【商号履歴】
富士精工株式会社(?~)
?(1948年6月29日~?)

【株式上場履歴】
<名証2部>1982年10月4日~

【合併履歴】
1982年3月1日 富士精工株式会社

【沿革】
株式の額面金額を変更する目的で当社は昭和57年3月1日に富士精工株式会社(1株の株式額面金額500円)を吸収合併しましたが、実質上の存続会社は被合併会社(設立年月日昭和33年3月1日)であり特に記載のない限り実質上の存続会社たる富士精工株式会社(被合併会社)に関連するものを記載しております。なお、合併会社の設立年月日は昭和23年6月29日であります。
昭和33年3月 昭和30年3月現取締役社長の祖父が個人創業及び超硬刃具(チップ切断、バイト、ブレード、リーマ)の製造を開始し、昭和33年3月名古屋市中川区松ノ木町に工場を建設、同所在地において資本金750千円をもって富士精工株式会社を設立
昭和39年7月 現在地に工場建設移転
昭和43年7月 現在地に本店移転
昭和44年3月 東京営業所開設(現 関東営業所平成9年3月1日改称)
昭和52年6月 大阪出張所開設
昭和57年2月 厚木工場新設及び東京営業所を同地内に移転
昭和57年10月 名古屋証券取引所市場第二部に上場
昭和59年3月 富士エンジニアリング株式会社(現 連結子会社)設立
昭和59年4月 栃木、富士各出張所開設
昭和59年8月 熊本工場新設
昭和62年5月 損害保険の代理店業及び生命保険の募集に関する業務並びに不動産の売買、賃貸借、仲介及び管理業を事業目的に追加
昭和63年1月 韓富エンジニアリング株式会社(現 連結子会社)設立
昭和63年5月 アキュロム(U.K.)リミテッド(現 連結子会社)設立
昭和63年7月 サンセツオーストラリアP.T.Y.リミテッド(現 サンセルP.T.Y.リミテッド)(現 連結子会社)設立
平成元年6月 アキュロムU.S.A.インコーポレーテッド(現 連結子会社)設立
平成2年4月 大阪、富士各出張所を大阪、富士各営業所に改称
平成2年5月 秋田営業所開設
平成4年8月 鹿児島工場新設
平成4年11月 北海道営業所開設
平成5年11月 P.T.フジプレシシツールインドネシア(現 連結子会社)設立
平成6年5月 計測機械器具、通信情報処理機器、自動設計製図システム、半導体集積回路、ソフトウェア、水浄化装置、空気清浄装置、殺菌・脱臭装置、廃棄物処理装置に関する業務並びに教育施設の運営・管理を事業目的に追加
平成7年10月 大連富士工具有限公司(現 連結子会社)設立
平成7年11月 北陸営業所開設
平成9年3月 北海道営業所開設
平成9年6月 北関東営業所開設
平成16年5月 アキュロムセントラルヨーロッパ有限会社(現 連結子会社)設立
平成16年9月 広州富士工具有限公司(現 連結子会社)設立
平成17年6月 長春韓富工具有限公司(現 連結子会社)設立