※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ソディック
本店:横浜市都筑区仲町台三丁目12番1号

【商号履歴】
株式会社ソディック(1976年8月3日~)

【株式上場履歴】
<東証1部>2015年3月31日~
<東証2部>1986年2月19日~2015年3月30日(1部指定)

【合併履歴】
2009年10月1日 株式会社ソディックハイテック
1982年8月 日 株式会社北陸ソディック
1977年3月 日 株式会社ピーイーエム

【沿革】
昭和51年8月 横浜市緑区(現 青葉区)桜台に資本金2,000万円で設立、NC放電加工機の開発・製造・販売を開始。
昭和51年12月 横浜市緑区(現 都筑区)池辺町に本社・工場を移転。
昭和52年3月 株式会社ピーイーエムを吸収合併。
昭和53年12月 横浜市港北区新羽町に本社・工場を移転。
昭和55年6月 福井県坂井郡(現 坂井市)坂井町に福井事業所を開設。
昭和55年8月 米国Sodick-Inova Inc.(現Sodick Inc.)に資本参加。
昭和56年7月 放電システム株式会社(株式会社ソディック・エフ・エーに商号変更)に資本参加。
昭和57年3月 米国にSodick Ltd.を設立。
昭和57年6月 横浜市緑区(現 都筑区)池辺町に関係会社株式会社エス・アンド・オー(株式会社ケイ・エッチ・エスと合併)を設立。
昭和57年7月 横浜市港北区新羽町に関係会社ソディックリース株式会社を設立。
昭和57年8月 (旧)株式会社北陸ソディック(富山県高岡市)を吸収合併し、(新)株式会社北陸ソディックに営業の譲渡を行う。
昭和57年10月 横浜市港北区新横浜に本社を移転。
昭和58年3月 ドイツ・フランクフルト市にSodick Europe GmbHを設立。
昭和58年12月 Sodick Inc.がSodick Ltd.を吸収合併。
昭和60年6月 事業目的に関し、新素材の研究及び製造を追加し業容の拡大を図る。
昭和61年2月 東京証券取引所市場第二部へ株式を上場。
昭和61年10月 関係会社株式会社北陸ソディック及び株式会社ソディックメカトロニクス(株式会社ソディック・エフ・エーに商号変更)からその営業の全部を譲受ける。
昭和62年8月 石川県加賀市に加賀事業所を開設。
昭和63年1月 加賀事業所敷地内にセラミック工場を開設。
昭和63年11月 タイにSodick(Thailand)Co.,Ltd.を設立。(日本アジア投資株式会社と合弁)
平成元年3月 横浜市緑区(現 都筑区)仲町台に技術・研修センターを開設。
平成元年6月 事業目的に関し、工作機械および合成樹脂加工機械の開発製造ならびに販売を追加し業容の拡大を図る。
平成元年11月 加賀事業所敷地内に射出成形機工場を開設。
平成3年4月 ジャパックス株式会社に資本参加。
平成3年5月 中国・上海市に上海沙迪克軟件有限公司を設立。
平成4年7月 関係会社株式会社ソディックテクニカルサービス他4社を設立。
平成4年10月 ジャパックス株式会社より放電加工機に関する部門の営業の一部を譲受ける。
平成6年4月 シンガポールにSodick Singapore Pte.,Ltd.を設立。
平成6年12月 中国・蘇州市に蘇州沙迪克特種設備有限公司を設立。
平成9年1月 横浜市都筑区仲町台の技術・研修センター内に本社を移転。
平成9年4月 中国・上海市に沙迪克機電(上海)有限公司を設立。
平成9年10月 国際標準化機構の定める品質保証規格「ISO 9002」を加賀事業所・福井事業所で取得。
平成12年5月 株式交換により株式会社ケイ・エッチ・エス(株式会社ソディック新横に商号変更)を完全子会社とする。
平成13年8月 連結子会社株式会社ソディックプラステックがジャスダック市場に上場。
平成13年11月 上海沙迪克軟件有限公司が、国際標準化機構の定める品質保証規格「ISO 9001」を取得。
平成13年12月 世界最高水準のナノ加工機「NANO-100」を開発。
平成15年3月 中国・上海市に上海テクニカルセンターを開設。
平成16年5月 Sodick Deutschland GmbH兼 ヨーロッパテクニカルセンターをドイツ・シュツッツガルトに設立。
平成17年12月 連結子会社株式会社ソディックハイテックが大阪証券取引所「ヘラクレス」スタンダードに上場。
平成18年7月 中国・福建省に沙迪克(厦門)有限公司を設立。
平成18年9月 リニアモータ駆動ハイブリッドワイヤ放電加工機「Hybrid Wire:ハイブリッドワイヤ」を発表。
平成18年12月 福井事業所が、環境マネジメントシステム「ISO 14001」を取得。