※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タケダ機械
本店:石川県能美市粟生町西132番地

【商号履歴】
タケダ機械株式会社(1990年6月~)
株式会社竹田機械製作所(1971年6月2日~1990年6月)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1992年7月7日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【合併履歴】
2000年5月 日 株式会社タケダテクニカル
1990年6月 日 竹田機械販売株式会社

【沿革】
昭和46年6月 鉄筋加工機・鉄骨加工機の製造販売を目的に石川県能美郡寺井町において資本金5,000千円にて株式会社竹田機械製作所(現商号 タケダ機械株式会社)を設立。
昭和46年12月 小型機械加工のため本社工場を増設。
昭和48年5月 販売拠点拡充のため九州、大阪、東京の各営業所を開設。
昭和48年10月 ユニットワーカーシリーズ・U―45を開発、製造販売開始。
昭和49年5月 自社製品に使用する部品加工のため本社工場を増設。
昭和51年5月 シャープカッターシリーズ・S―505を開発、製造販売開始。
昭和51年10月 販売拠点拡充のため仙台営業所を開設。
昭和53年1月 コーナーシャーシリーズ・TC―220を開発、製造販売開始。
昭和53年9月 機械組立工場として本社工場を増設。
昭和54年9月 販売拠点拡充のため名古屋営業所を開設。
昭和54年11月 当社の営業部門を竹田機械販売株式会社に営業譲渡。
昭和55年4月 ユニットワーカーシリーズ・UB―35を開発、製造販売開始。
昭和57年5月 形鋼オートドリルシリーズ・3B―700を開発、製造販売開始。
昭和59年7月 大型機械加工、組立及び塗装工場として本社工場を増設。
昭和61年8月 本社総合事務所を建設し、事務及び業務合理化のためコンピューターを設置。
平成元年3月 平板オートボーラーシリーズ・ACH―1500を開発、製造販売開始。
平成元年12月 販売拠点拡充のため広島営業所を開設。
平成2年6月 竹田機械販売株式会社を吸収合併、同時に商号をタケダ機械株式会社に変更。
平成2年11月 東京営業所社屋新築。
平成2年12月 平板オートボーラーシリーズ・ABP―1600―Ⅱを開発、製造販売開始。
平成3年2月 形鋼オートドリルシリーズ・3BF―1000を開発、製造販売開始。
平成4年4月 平板オートボーラーシリーズ・ABF―900Vを開発、製造販売開始。
平成4年7月 日本証券業協会に店頭登録。
平成6年4月 現在地に本社及び工場を移転。
平成6年10月 ユニットワーカーシリーズ・UWF―150を開発、製造販売開始。
平成8年7月 品質管理システム国際規格「ISO―9002」の認証を取得。
平成9年11月 形鋼オートドリルシリーズ・3BF―1050を開発、製造販売開始。
平成11年3月 平板オートボーラーシリーズ・ABF―900VEを開発、製造販売開始。
平成11年6月 平板オートボーラーシリーズ・ABP―2500Aを開発、製造販売開始。
平成11年7月 環境機器シリーズ・RBP―900を開発、製造販売開始。
平成11年10月 超硬丸鋸シリーズ・CBF―400Wを開発、製造販売開始。
平成12年4月 環境機器シリーズ・RBP―600Sを開発、製造販売開始。
平成12年5月 子会社株式会社タケダテクニカルを吸収合併。
平成14年12月 品質マネジメントシステム国際規格「ISO―9001」2000年版の認証を取得。
平成16年12月 株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場。
平成18年10月 欠損金填補のため資本準備金及び資本金を減少。