※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

和井田製作所
本店:岐阜県高山市片野町2121番地

【商号履歴】
株式会社和井田製作所(1946年10月22日~)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2005年6月9日~2010年4月1日(取引所閉鎖)

【沿革】
当社の前身は、故和井田二郎が昭和8年に東京都大田区において機械器具の製造及び販売を事業目的として和井田製作所を創業したことに始まります。その後、自動車整備用機械及びその他機械用の整備機械の製造並びに販売を事業目的として、昭和21年10月に株式会社和井田製作所(資本金1,800千円)を岐阜県高山市昭和町一丁目100番地に設立いたしました。
昭和21年10月 自動車整備用機械及びその他機械用の整備機械の製造並びに販売を事業目的として、株式会社和井田製作所を設立
昭和24年4月 東京出張所(昭和44年10月東京支店に昇格)を開設
昭和31年3月 超硬バイトを研削する「超硬バイト研削盤」を開発し生産を開始
昭和33年7月 本格的な工作機械である「精密立中ぐり盤」を開発し生産を開始
昭和39年10月 大阪駐在所(昭和49年1月大阪営業所に昇格)を開設
昭和41年10月 「ジグ中ぐり盤」を開発し生産を開始
昭和41年11月 岐阜工場を岐阜県各務原市金属団地に新設
昭和43年9月 「成形研削盤」を開発し生産を開始
昭和44年10月 岐阜工場内に中部営業所を開設
昭和49年8月 「スローアウェイインサート外周研削盤」を開発し生産を開始
昭和53年10月 「CNC成形研削盤」を開発し生産を開始
昭和57年2月 「CNCスローアウェイインサート外周研削盤」を開発し生産を開始
昭和57年10月 「CNCジグ研削盤」を開発し生産を開始
昭和59年8月 「CNC全自動成形研削盤」を開発し生産を開始
平成3年12月 本社及び高山工場を岐阜県高山市片野町に移転
平成9年3月 「CNC全自動万能工具研削盤」を開発し生産を開始
平成10年1月 米国ノースカロライナ州シャーロット市に米国地区の販売拠点として、現地法人WAIDA AMERICA INC.を設立(当社 100%出資、現連結子会社)
平成10年9月 「CNC成形研削盤(高速型)」を開発し生産を開始
平成11年6月 和井田エンジニアリング株式会社を設立(当社 100%出資)
平成11年12月 「全自動CNC溝入れインサート研削盤」を開発し生産を開始
平成14年4月 中国上海市に中国市場の情報収集拠点として上海代表所を開設
平成14年6月 「全自動CNC刃先交換チップ外周研削盤」を開発し生産を開始
平成14年6月 「超精密両頭平面研削盤」を開発し生産を開始
平成15年4月 品質の国際規格「ISO 9001:2000」の認証を取得
平成15年9月 ジャパン・イー・エム株式会社に資本参加(当社 100%出資、現連結子会社)
平成16年2月 「極小径エンドミル研削盤」を開発し生産を開始
平成16年6月 和井田エンジニアリング株式会社を清算
平成16年11月 「高能率CNCジグ研削盤」を開発し生産を開始
平成17年6月 ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成18年9月 本社工場(組立工場)の増床
平成19年2月 「全自動CNC複合外周研削盤」を開発し生産を開始
平成19年5月 環境の国際規格「ISO 14001:2004」の認証を取得