※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダイセル
本店:大阪府堺市堺区鉄砲町1番地

【商号履歴】
株式会社ダイセル(2011年10月1日~)
ダイセル化学工業株式会社(1979年10月~2011年10月1日)
ダイセル株式会社(1966年2月1日~1979年10月)
大日本セルロイド株式会社(1919年9月8日~1966年2月1日)

【株式上場履歴】
<東証1部>1949年5月16日~
<大証1部>1949年5月16日~2013年7月15日(東証に統合)

【合併履歴】
1968年6月 日 大日本化成株式会社

【沿革】
大正8年9月 大日本セルロイド㈱として創立。資本金1,250万円
昭和7年6月 神崎工場(兵庫県、現大阪製造所神崎工場)においてセロハンの製造開始。
昭和9年1月 写真フィルム部を分離、富士写真フイルム㈱設立。
昭和10年9月 新井工場(新潟県)設置、有機合成事業開始。
昭和26年6月 網干工場(兵庫県、現姫路製造所網干工場)において酢酸セルロース事業開始。
昭和29年1月 播磨工場(兵庫県)設置、発射薬の製造開始。
昭和29年4月 堺工場(大阪府、現大阪製造所堺工場)において、たばこフィルター用トウの製造開始。
昭和31年9月 大日本プラスチックス㈱設立。(プラスチックスの加工)
昭和36年1月 大日本化成㈱設立。(石油系有機合成事業へ進出)
昭和39年5月 ポリプラスチックス㈱(米国Celanese Corporation(現米国Ticona LLC)との合弁会社)設立。(ポリアセタール樹脂他の製造・販売)
昭和41年2月 商号をダイセル株式会社と改称。
昭和43年6月 大日本化成㈱を吸収合併、同社工場を大竹工場(広島県)とする。
昭和45年7月 ダイセル・ヒュルス㈱(現ダイセル・デグサ㈱、西独Huels AG(現独Degussa AG)との合弁会社)設立。(ナイロン12樹脂他の製造・販売)
昭和52年7月 協同酢酸㈱(三菱瓦斯化学㈱及び後に参加した電気化学工業㈱、協和醗酵工業㈱(現協和発酵ケミカル㈱)、チッソ㈱との合弁会社)設立。(メタノール法による酢酸の製造)
昭和54年10月 商号をダイセル化学工業株式会社と改称。
昭和55年11月 中央研究所(埼玉県)を移転し、総合研究所(兵庫県)設置。
昭和59年4月 米国にDaicel (U.S.A.), Inc.設立。
昭和59年11月 西独にDaicel (Europa) GmbH設立。
昭和61年9月 ダイセルファイナンス㈱設立。(金融子会社)
昭和63年6月 ポリプラスチックス㈱が、Taiwan Engineering Plastics Co., Ltd.(現Polyplastics Taiwan Co., Ltd.、旧Hoechstグループ及び長春グループとの合弁会社)設立。(ポリアセタール樹脂他の製造・販売)
平成元年5月 シンガポールにDaicel Chemical (Asia) Pte. Ltd.設立。
平成元年10月 筑波研究所(茨城県)設置。
平成2年11月 米国にChiral Technologies, Inc.設立。(光学異性体分離カラムの販売)
平成4年7月 中国にXi'an Huida Chemical Industries Co., Ltd.(西安北方恵安化学工業有限公司、陜西中煙工業公司との合弁会社)設立。(たばこフィルター用トウの製造・販売)
平成5年2月 中国に北京事務所を開設。
平成5年5月 ㈱大同商工(現ダイセルパックシステムズ㈱)に資本参加。(各種容器成形品の製造加工・販売)
平成5年6月 姫路製造所広畑工場(兵庫県)設置。
平成6年5月 ダイセン・メンブレン・システムズ㈱(セントラルフィルター工業㈱及びセントラルメインテナンス㈱との合弁会社)設立。(セパレーション事業の分社)
平成7年10月 Chiral Technologies-Europe SARL(現Chiral Technologies Europe S.A.S.)設立。(光学異性体分離カラムの販売)
平成9年3月 ポリプラスチックス㈱が、Polyplastics Asia Pacific Sdn. Bhd.設立。(ポリアセタール樹脂他の製造・販売)
平成12年7月 ポリプラスチックス㈱が、ウィンテックポリマー㈱(帝人㈱との合弁会社)設立。(PBT樹脂、GF-PET樹脂の製造・販売)
平成12年12月 Daicel Safety Systems America, LLC(豊田合成㈱との合弁会社)設立。(自動車エアバッグ用インフレータの製造・販売)。ダイセルポリマー㈱設立。(樹脂事業の分社)
平成13年1月 ダイセルパックシステムズ㈱営業開始。(成型容器製品事業を㈱大同商工と事業統合)
平成13年12月 ポリプラスチックス㈱が、PTM Engineering Plastics (Nantong) Co., Ltd.(三菱瓦斯化学㈱、韓国Korea Engineering Plastics Co., Ltd.、米国Ticona LLCとの合弁会社)設立。(POM樹脂およびその他のエンジニアリングプラスチックの製造、加工および販売)
平成14年9月 Daicel Safety Systems (Thailand) Co., Ltd.設立。(自動車エアバッグ用インフレータの製造・販売)
平成16年3月 ポーランドにDaicel Safety Systems Europe Sp. z o. o.設立。(自動車エアバッグ用インフレータの製造・販売)
平成16年4月 ダイセルバリューコーティング㈱営業開始。(フィルム事業の分社)
平成16年7月 Daicel Chemical (China) Investment Co., Ltd.設立。(中国におけるグループ会社の統括等)
平成16年12月 中国にDaicel Safety Systems (Jiangsu) Co., Ltd.設立。(自動車エアバッグ用インフレータの製造・販売)
平成17年3月 中国にNingbo Da-An Chemical Industries Co., Ltd.(西安北方恵安化学工業有限公司、陜西中煙工業公司との合弁会社)設立。(酢酸セルロース及び無水酢酸の製造・販売)
平成17年11月 ドイツにTopas Advanced Polymers GmbH設立。(環状オレフィン・コポリマーの製造・販売)。米国にTopas Advanced Polymers, Inc.設立。(環状オレフィン・コポリマーの販売)