三井海洋開発
本店:東京都文京区小日向四丁目2番8号

【商号履歴】
三井海洋開発株式会社(2003年1月~)
株式会社モデック(1988年12月~2003年1月)
モデック・テクニカル・サービス株式会社(1987年6月1日~1988年12月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2004年6月1日~
<東証2部>2003年7月2日~2004年5月31日(1部に指定替え)

【沿革】
当社は、昭和43年12月に三井造船株式会社及び三井物産株式会社の出資により設立された三井海洋開発株式会社(以下「旧 三井海洋開発株式会社」という)を前身としております。旧 三井海洋開発株式会社は、海洋開発関連船舶や各種の海洋構造物及び海洋関連工事の企画・設計・建造・施工、並びにこれらに関する技術の提供及びコンサルティング等を事業としておりました。当社は昭和62年6月、旧 三井海洋開発株式会社の子会社として地中レーダー等による地質の調査及びコンサルティング等を目的に設立されましたが(設立時の商号 モデック・テクニカル・サービス株式会社)、同社が解散することをうけて、昭和63年12月に商号を株式会社モデックに変更し、その事業を継承いたしました。また、これに伴い当社の全株式は旧 三井海洋開発株式会社の株主であった三井造船株式会社及び三井物産株式会社に折半にて引継がれました。当社の設立及び事業継承の経過、並びに当社グループのその後の沿革は次のとおりであります。
昭和62年6月 旧 三井海洋開発株式会社の子会社として設立(設立時の商号 モデック・テクニカル・サービス株式会社)。
昭和63年12月 株式会社モデックに商号を変更し、旧 三井海洋開発株式会社の事業を継承。
平成元年4月 北米における事業拠点としてMODEC(U.S.A.),INC.社を米国テキサス州に設立。
平成3年3月 三井物産株式会社の所有する当社株式が全株譲渡され、当社は三井造船株式会社の子会社に。
平成7年5月 浮体式海洋石油・ガス生産設備等の設計・建造・据付及びオペレーション業務を対象としてISO「9001」の認証を取得。
平成8年6月 SEA ENGINEERING ASSOCIATES,INC.社(米国)及びAMCLYDE ENGINEERED PRODUCTS, INC.社(米国)とTLPに関するライセンス契約を締結。
平成9年5月 PEMEX EXPLORACION Y PRODUCCION社Cantarellフィールド(メキシコ)向けFSOのチャーターを目的としてCANTARELL FSO,INC.社(現 CANTARELL FSO,INC., S.A. de C.V.社)をパナマに設立。
平成9年5月 MARATHON PETROLEUM GABON LDC社Tchatambaフィールド(ガボン)向けFSO等のリースを目的としてEARLY PRODUCTION SYSTEM PTE LTD.社をシンガポールに設立。
平成9年8月 BHP PETROLEUM PTY.LTD.社(現 CONOCOPHILLIPS PETROLEUM (91-12) PTY. LTD.社)Elang/Kakatuaフィールド(東チモール・オーストラリア)向けFPSOのチャーターを目的としてELANG EPS PTE LTD.社をシンガポールに設立。
平成10年12月 PEMEX EXPLORACION Y PRODUCCION社Cantarellフィールド(メキシコ)向けFSOのオペレーションを目的としてSistemas Flotantes de Almacenamiento S.A. de C.V.社をメキシコに設立。
平成11年1月 南北アメリカ・西アフリカ等での事業拠点としてFMC CORPORATION社(現 FMC TECHNOLOGIES, INC.社)と合弁によりMODEC INTERNATIONAL L.L.C.社を米国テキサス州に設立。
平成11年1月 SOFEC,INC.社(現 FMC SOFEC FLOATING SYSTEMS,INC.社)との係留システムに関する技術・販売提携契約を変更し、契約期間を平成24年12月まで延長。
平成11年5月 BHP PETROLEUM PTY LTD.社Buffaloフィールド(オーストラリア)向けFPSOのチャーターを目的としてBUFFALO FPSO PTE LTD.社をシンガポールに設立し、BUFFALO FPSO PTY LTD.社よりFPSOを譲受。
平成12年11月 MATRIX OIL (LANGSA) LTD.社Langsaフィールド(インドネシア)向けFPSOのチャーターを目的としてLANGSA FPSO PTE LTD.社をシンガポールに設立。
平成14年9月 PRODUCTION TECHNICAL SERVICE CO LTD.社Rubyフィールド(ベトナム)向けFPSOのオペレーションを目的としてMODEC MANAGEMENT SERVICES PTE. LTD.社をシンガポールに設立。
平成14年10月 SHELL OIL DO BRASIL LTDA社Bijupira-Salemaフィールド(ブラジル)向けFPSOのオペレーションを目的としてMODEC Servicos de Petroleo do Brasil社をブラジルに設立。
平成14年12月 CUU LONG JOINT OPERATING COMPANY社Su Tu Denフィールド(ベトナム)向けFPSOのチャーターを目的としてMODEC FPSO B.V.社をオランダに設立。
平成14年12月 SHELL OIL DO BRASIL LTDA社Bijupira-Salemaフィールド(ブラジル)向けFPSOのオペレーション人員の雇用を目的としてMODEC OFFSHORE OPERATIONS, LTD.社を英領ヴァージン諸島に設立。
平成15年1月 商号を三井海洋開発株式会社に変更。
平成15年7月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
平成15年7月 CNR International (Cote d’Ivoire) S.A.R.L.社Baobabフィールド(コートジボアール)向けFPSOのチャーターを目的としてMODEC VENTURE 10 B.V.社をオランダに設立。
平成15年8月 MODEC International L.L.C.社所掌のプロジェクト業務支援を目的としてMODEC Offshore Production Systems (Singapore) Pte Ltd.社をシンガポールに設立。
平成15年10月 Langsaフィールド(インドネシア)向けFPSOのチャーター再開推進を目的としてMODEC PRODUCTION (LANGSA) PTE LTD.社をシンガポールに設立。
平成15年11月 SANTOS Limited社Mutineer/Exeterフィールド(オーストラリア)向けFPSOのチャーターを目的としてMODEC VENTURE 11 B.V.社をオランダに設立。
平成16年6月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定。
平成16年6月 新造FPSOの船体建造を発注することを目的としてIMC-MODEC JV1 PTE LTD.社をシンガポールに設立。
平成16年11月 CNR International (Cote d’Ivoire) S.A.R.L.社Baobabフィールド(コートジボアール)向けFPSOのチャーターの現地下請業務を目的としてNational d’Operations Petolieres de Cote d’Ivoire社をコートジボアールに設立。
平成17年4月 Korea National Oil Corporation社Rong Doiフィールド(ベトナム)向けFSOのチャーターを目的としてRONG DOI MV12 PTE LTD.社をシンガポールに設立。
平成17年7月 Petroleo Brasileiro S.A.社Espadarte Sulフィールド(ブラジル)向けFPSOのチャーターを目的としてESPADARTE MV14 B.V.社をオランダに設立。
平成17年7月 Petroleo Brasileiro S.A.社PRA-1(ブラジル)向けFSOのチャーターを目的としてPRA-1 MV15 B.V.社をオランダに設立。
平成17年7月 PEARL Energy Pte Ltd.社Jasmineフィールド(タイ)向けにFPSOの再チャーター契約を開始したことに伴い、BUFFALO FPSO PTE LTD.(シンガポール)の商号をJASMINE FPSO Pte Ltd.に変更。
平成17年11月 BHP Billiton Petroleum Pty Ltd.社Stybarrowフィールド(オーストラリア)向けFPSOのチャーターを目的としてSTYBARROW MV16 B.V.社をオランダに設立。
平成18年7月 Japan Vietnam Petroleum Co., Ltd.社Rang Dongフィールド(ベトナム)向けFSOのチャーターを目的としてRANG DONG MV17 B.V.社をオランダに設立。
平成18年12月 Petroleo Brasileiro S.A.社カンポス沖(ブラジル)向けFPSOのチャーターを目的としてOPPORTUNITY MV18 B.V.社をオランダに設立。