※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日精樹脂工業
本店:長野県埴科郡坂城町大字南条2110番地

【商号履歴】
日精樹脂工業株式会社(1957年5月25日~)

【株式上場履歴】
<東証1部>2001年3月1日~
<名証1部>2001年3月1日~
<東証2部>2000年9月13日~2001年2月28日(1部に指定替え)
<名証2部>1991年12月13日~2001年2月28日(1部に指定替え)

【沿革】
昭和22年10月 初代社長 青木 固が現在の長野県埴科郡坂城町大字南条でプラスチック成形業を個人経営にて創業。
昭和26年7月 合資会社日精樹脂製作所として法人組織に改組(昭和37年9月解散)。
昭和32年5月 日精樹脂工業株式会社設立、合資会社の業務を移行すると共に射出成形機の製造・販売を開始。
昭和43年2月 成形技術の社外向け研修機関である「日精スクール」を本社敷地内に開校。
昭和51年9月 シンガポールに販売子会社 ニッセイマシナリーサービスPTE. LTD.を設立(現在名 ニッセイプラスチックシンガポールPTE. LTD.、現連結子会社)。
昭和52年10月 米国に販売子会社 ニッセイアメリカINC. (現連結子会社)を設立。
昭和52年10月 マレーシアに販売子会社ニッセイマレーシアSDN. BHD.(ニッセイマシナリーサービスPTE. LTD.の100%子会社、現連結子会社)を設立。
昭和54年9月 テクニカルセンターを本社敷地内に設置。以降、昭和60年6月 大阪テクニカルセンター、昭和62年5月 岩槻テクニカルセンター、昭和63年12月 相模原テクニカルセンター、平成2年12月 名古屋テクニカルセンターを設置。
昭和56年8月 香港に販売子会社 ニッセイプラスチック(ホンコン)LTD. (現連結子会社)を設立。
昭和60年8月 台湾に販売子会社 台湾日精股份有限公司(現連結子会社)を設立。
昭和63年12月 基礎研究開発部門として、技術研究所を設置。
平成2年12月 研究開発センターを本社敷地内に設置。
平成3年12月 名古屋証券取引所市場第二部に上場。
平成4年6月 ベルギーに販売子会社 ニッセイヨーロッパN.V.(現非連結子会社)を設立。
平成5年5月 長野県埴科郡坂城町に、損害保険代理業等を事業目的とする子会社 株式会社日精テクニカ(現連結子会社)を設立。
平成5年6月 メキシコに販売子会社 ニッセイメキシコS. A. (現連結子会社)を設立。
平成6年8月 本社本館竣工。
平成6年11月 タイに販売子会社 ニッセイプラスチック(タイランド)CO., LTD. (現連結子会社)を設立。
平成8年1月 「ISO9001」認証取得。
平成9年6月 第7工場(大型機組立)完成
平成11年5月 「ISO14001」認証取得
平成12年9月 東京証券取引所市場第二部に上場
平成13年3月 東京証券取引所、名古屋証券取引所市場第一部に指定替
平成13年6月 第8工場(電気式成形機組立)完成
平成15年7月 中国上海に販売子会社 上海尼思塑胶机械有限公司(現連結子会社)を設立。
平成15年11月 成形技術センターを本社敷地内に設置。
平成17年11月 中国深圳に営業技術サポート拠点 日精樹脂工業(深圳)有限公司(ニッセイプラスチック(ホンコン)LTD.の100%子会社、現非連結子会社)を設立。
平成18年3月 ベトナムに営業技術サポート拠点 ニッセイプラスチック(ベトナム)CO., LTD.(現非連結子会社)を設立。
平成18年10月 上越工場(板金加工)稼動