※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一工業製薬
本店:京都市下京区西七条東久保町55番地

【商号履歴】
第一工業製薬株式会社(1918年8月30日~)

【株式上場履歴】
<東証1部>1949年5月16日~
<大証1部>1949年5月16日~2010年6月15日(上場廃止申請)

【合併履歴】
2006年3月 日 第一エフ・アール株式会社
2001年4月 日 第一化学工業株式会社
1941年6月 日 高圧化学工業株式会社
1938年12月 日 木津川油脂株式会社

【沿革】
明治42年4月 匿名組合負野薫玉堂解舒液部を設立。
大正3年12月 合名会社負野工業製薬所に組織変更。
大正4年11月 東京出張所を開設。(現在は東京支社となっている)
大正7年8月 第一工業製薬株式会社を設立。
大正8年2月 名古屋出張所を開設。(現在は名古屋支店となっている)
大正8年3月 大阪出張所を開設。
大正15年8月 本社、工場を京都工場の地に移転。
昭和4年6月 福岡出張所を開設。(現在は九州支店となっている)
昭和13年12月 木津川油脂株式会社を吸収合併。
昭和14年4月 四日市工場(三重県)を新設。
昭和16年6月 高圧化学工業株式会社を吸収合併、東京工場と改称。
昭和24年5月 東京、大阪、各証券取引所市場第一部に上場。
昭和24年6月 京都証券取引所に上場。
昭和35年10月 大潟工場(新潟県)を新設。
昭和36年9月 名古屋証券取引所市場第一部に上場。
昭和39年1月 第一倉庫株式会社を設立。
昭和44年7月 日本レブロス株式会社を設立。
昭和48年5月 ゲンブ株式会社を設立。
昭和53年11月 北陸営業所を開設。(平成2年6月北陸支店となる)
昭和56年10月 東京工場を閉鎖。
昭和57年1月 第一クリーンケミカル株式会社を設立。
昭和57年2月 本社事務所を京都駅前に移転。同時に大阪営業部門を統合。
昭和58年10月 第一倉庫株式会社を第一物流センター株式会社に商号変更。
昭和60年4月 日本レブロス株式会社が新日本化学株式会社を吸収合併し、社名を第一化学工業株式会社に改称。
昭和61年7月 京都エレックス株式会社を設立。
昭和63年10月 有限会社第一セラモを設立。
平成1年1月 有限会社第一建工を設立。
平成2年8月 有限会社第一建工を第一建工株式会社に組織変更。
平成8年9月 インドネシアにPT.DAI-ICHI KIMIA RAYAを設立。
平成10年6月 北陸支店を閉鎖。
平成10年11月 本社事務所を京都工場の地に移転。
平成11年8月 有限会社第一セラモを第一セラモ株式会社に組織変更。
平成12年2月 大阪支社を開設。同時に京都営業部門を統合。
平成12年9月 京都工場を閉鎖。
平成13年4月 第一化学工業株式会社を吸収合併。
平成13年6月 第一物流センター株式会社の株式を全て譲渡。
平成13年7月 本社事務所を現中京区御池の地に移転。
平成14年10月 難燃剤事業を分割(簡易分割)し、第一エフ・アール株式会社を設立。
平成14年11月 エレクセル株式会社を設立。
平成16年1月 帝開思(上海)国際貿易有限公司を設立。
平成17年10月 エキソナ株式会社を設立。
平成18年3月 第一エフ・アール株式会社を吸収合併。
平成18年12月 研究所を京都市南区の地に移転。
平成19年2月 情報システム室を京都市南区の地に移転。
平成19年5月 本社事務所を京都市南区の地に移転。
平成19年5月 東京支社を東京都品川区の地に移転。