※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

住友精密工業
本店:兵庫県尼崎市扶桑町1番10号

【商号履歴】
住友精密工業株式会社(1961年1月5日~)

【株式上場履歴】
<東証1部>1971年2月1日~
<大証1部>1971年2月1日~2013年7月15日(東証に統合)
<東証2部>1970年3月2日~1971年1月31日(1部指定)
<大証2部>1970年3月2日~1971年1月31日(1部指定)

【合併履歴】
1999年5月 日 住精興業株式会社

【沿革】
昭和36年1月 住友金属工業株式会社の航空機器事業部の業務(航空機用プロペラ・脚・油圧機器・アルミニウムろう着熱交換器及び産業用油圧機器の製造販売を主体とする業務)を継承し、住友精密工業株式会社を設立
昭和38年5月 低温工業用大型熱交換器の製造を開始
昭和42年3月 哨戒機用大型プロペラの製造を開始
昭和44年4月 液化天然ガス蒸発装置の製造を開始
昭和45年3月 東京及び大阪証券取引所市場第二部に株式を上場
昭和46年2月 東京及び大阪証券取引所市場第一部銘柄に指定
昭和49年1月 オゾン発生装置の製造を開始
昭和50年7月 ニューヨーク駐在員事務所を設置
昭和50年11月 熱交換器の製造につき米国ASME規格を取得
昭和50年11月 住精エンジニアリング株式会社(現・連結子会社)を設立
昭和52年8月 滋賀油圧機器工場竣工
昭和53年6月 デュッセルドルフ駐在員事務所を設置
昭和57年7月 滋賀航空機器工場竣工
昭和58年1月 滋賀油圧機器工場増設
昭和60年4月 熱交換器製造用大型真空ろう着炉完成、稼動
昭和61年3月 真空機器事業室を設置し、真空機器事業に進出
昭和61年10月 航空機用空圧機器試験設備完成、稼動
昭和62年4月 ロンドン駐在員事務所を設置(デュッセルドルフ駐在員事務所を移転)
平成元年10月 住精テクノサービス株式会社(現・連結子会社)を設立
平成4年8月 武蔵工業株式会社(現メット株式会社、現・連結子会社)を買収
平成5年1月 和歌山熱交換器工場竣工
平成5年8月 町和産業株式会社(現住精産業株式会社、現・連結子会社)を買収
平成6年10月 半導体製造装置事業組織(MET事業部)を設置
平成7年3月 英国サーフェイス・テクノロジー・システムズ・リミテッド(現・連結子会社)を買収
平成8年10月 和歌山熱交換器工場増設
平成11年5月 住精興業株式会社(連結子会社)を吸収合併
平成11年6月 英国BAEシステムズ社との折半出資による合弁会社シリコン・センシング・システムズ・リミテッド(現・関連会社)を英国に設立
平成11年11月 本社工場にてISO14001の認証を取得
平成12年11月 スミトモ・プレシジョン・ユーエスエイ・インク(米国現地法人・テキサス州、現・連結子会社)を設立
平成12年11月 滋賀工場にてISO14001の認証を取得
平成12年12月 英国サーフェイス・テクノロジー・システムズ・ピーエルシー ロンドンAIM市場に株式上場
平成13年7月 メット株式会社尼崎工場竣工
平成13年7月 本社工場にてプラズマプロセス装置の製造を開始
平成15年3月 ロンドン駐在員事務所を閉鎖
平成16年10月 中国寧波海天集団股份有限公司との共同出資で寧波住精液圧工業有限公司(現・非連結子会社)を中国に設立
平成17年3月 米国クロスボー社との共同出資でクロスボー株式会社(現・関連会社)を設立
平成17年8月 住精ハイドロシステム株式会社(現・非連結子会社)を設立
平成19年3月 天陽航太科技股份有限公司(現・関連会社)を台湾に設立