酉島製作所
本店:大阪府高槻市宮田町一丁目1番8号

【商号履歴】
株式会社酉島製作所(1928年4月20日~)

【株式上場履歴】
<東証1部>1981年12月16日~
<大証1部>1980年9月 日~
<大証2部>  年 月 日~1980年 月 日(1部に指定替え)
<大証1部>1949年5月16日~  年 月 日(2部に指定替え)

【沿革】
大正8年8月 大阪市此花区酉島町にポンプ専門製作工場 酉島製作所を創設。
昭和3年4月 株式会社酉島製作所を設立。
昭和16年12月 現在地(大阪府高槻市宮田町)に本社及び工場全部を移転し、旧工場を閉鎖。
昭和24年5月 大阪証券取引所に株式上場。
昭和44年5月 ドイツのタプローゲ株式会社と火力発電所及び原子力発電所用コンデンサチューブクリーニング装置製作に関する業務提携契約を締結。
昭和44年8月 サービス部門強化のため同部門を分離独立させ、酉島サービス株式会社(現 酉島エンジニアリング株式会社(現 連結子会社))を設立。
昭和50年1月 新鋳造工場完成。
昭和54年4月 協和機工株式会社(現 持分法適用関連会社)を設立。
昭和54年10月 本社新社屋完成。
昭和55年9月 大阪証券取引所市場第一部上場。
昭和56年12月 東京証券取引所市場第一部上場。
昭和57年3月 第五機械工場完成。
昭和59年2月 インドネシアに代理店 株式会社グナ エレクトロと共同出資でポンプ及び部品製造の合弁会社 株式会社トリシマ・グナ インドネシア(現 持分法適用非連結子会社)を設立。
昭和62年2月 シンガポールに駐在員事務所(平成12年9月 シンガポール支店へ昇格)を開設。
昭和62年12月 第一機械工場増設。
平成2年6月 佐賀県武雄市に小型ポンプの生産子会社 株式会社九州トリシマ(現 連結子会社)を設立。
平成3年3月 インドネシアに鋳物工場の合弁会社 株式会社ゲテカ ファウンインド(現 持分法適用非連結子会社)を設立。
平成4年8月 佐賀県武雄市に九州工場完成。
平成5年4月 シンガポールに現地法人トリシマ シンガポール株式会社を設立。(平成14年9月清算)
平成6年10月 香港に現地法人酉島ポンプ香港有限公司(現 連結子会社)を設立。
平成11年5月 インドネシアにエンジニアリング業務及びアフタサービスを行う合弁会社 株式会社トリシマ・グナ エンジニアリング(現 持分法適用関連会社)を設立。
平成11年7月 東京都品川区に東京支社を移転。
平成12年8月 株式会社風力エネルギー開発(現 連結子会社)を設立。
平成13年2月 新第三機械工場完成、第一機械工場ポンプ性能試験設備及び開発試験場設備の増強。
平成13年12月 トリシマ マレーシア株式会社(現 持分法適用関連会社)を設立。
平成14年3月 株式会社立川CSセンター(現 連結子会社)を設立。
平成14年10月 ドイツに電力供給事業を主目的としたロイクン ウインドパーク有限会社(現 連結子会社)を設立。
平成15年7月 株式会社玄海風力エネルギー開発(現 連結子会社)を設立。
平成15年12月 株式会社大星山風力エネルギー開発(現 連結子会社)を設立。
平成16年5月 スミテック エンジニアリング株式会社(現 持分法適用関連会社)の株式を新規取得。
平成16年6月 昭和メンテナンス工業株式会社(現 連結子会社)を買収。