※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

島崎製作所
本店:東京都荒川区東日暮里5―52―6要藤第一ビル

【商号履歴】
株式会社島崎製作所(1944年3月~2012年2月破産)

【株式上場履歴】
<店頭管理>1995年7月4日~1999年6月 日(管理銘柄取消)
<店頭>1962年8月 日~1995年7月4日(管理銘柄に指定)

【沿革】
大正8年4月 諸機械並びに諸器具の製造工場として創業。
昭和19年3月 株式会社島崎製作所を設立。
昭和29年1月 新製品撹拌機アジターを研究開発し、製作販売開始。
昭和32年4月 本社営業所を東京都中央区日本橋に開設。
昭和37年2月 大阪営業所を新設。
昭和37年4月 本社営業所を日暮里工場に移転。
昭和37年8月 東京店頭株式市場において株式売買開始。
昭和38年12月 本社営業所を日暮里駅前に完成した島崎ビルに移転。
昭和43年10月 日暮里工場の増改築工事完成。
昭和45年12月 茨城県水海道工場完成。
昭和49年3月 水海道工場増築工事完成。
昭和52年4月 計量器製造事業、「濃度計」につき登録し製造販売開始。
昭和52年5月 関連会社、株式会社ラインズシマザキ設立、塗装乾燥システムを販売開始。
昭和53年2月 事業目的「一般建設業の機械器具設置工事業」の認可をうけ、販路拡充。
昭和54年3月 日暮里工場、水海道工場へ統合のため閉鎖売却。
昭和57年10月 名義書換代理人設置、日本信託銀行株式会社。
昭和61年10月 日暮里事業所を新設。
昭和61年10月 サービス部門充実のため子会社、株式会社島崎エンジニアリングサービス設立。(現・非連結子会社)
昭和63年2月 海外生産拠点確立のため韓国の韓国肥料工業株式会社に撹拌技術を供与。
昭和63年10月 米国ITT、スウェーデン国フリクト社と合弁会社セイワ工業株式会社を設立、土木建設工事用レンタル機器の製造供給を開始。(現・関連会社)
昭和63年11月 海外生産拠点確立のため台湾の李長榮実業股份有限公司に特殊ライニングフランジの製造技術を供与。
平成5年4月 韓国肥料工業株式会社との技術供与契約が終了し引続き海外生産拠点確立のため韓国の斗山機械工業株式会社に撹拌技術を供与。
平成7年7月 日本証券業協会より店頭管理銘柄登録の通知。
平成7年7月 本社に管理部門を残し、総務部・東京営業部を水海道工場内に移転集約、同時に日暮里事業所を閉鎖。
平成8年5月 東京営業部は、東京営業所(本社内)、関東営業所(水海道工場内)として業務を開始。
平成9年3月 子会社株式会社島崎エンジニアリングサービスは増資により当社出資比率50%となり関連会社となる。(現・非連結子会社)
平成10年5月 関連会社、株式会社島崎エンジニアリングサービスは第三者割当増資により当社出資比率14.3%となる。(現・非連結子会社)
平成11年6月 店頭管理銘柄登録より取消。
平成15年1月 上海森松製薬設備有限公司と撹拌機に関する技術供与契約。
平成16年8月 本社営業所を荒川区東日暮里5―52―6要藤第一ビル移転