※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

竹内製作所
本店:長野県埴科郡坂城町大字坂城9347番地

【商号履歴】
株式会社竹内製作所(1963年8月21日~)

【株式上場履歴】
<東証1部>2015年3月16日~
<東証JASDAQ>2013年7月16日~2015年3月15日(1部指定)
<大証JASDAQ>2010年4月1日~2013年7月15日(東証に統合)
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>2002年12月12日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【沿革】
昭和38年8月 長野県埴科郡坂城町大字坂城9347番地に、株式会社竹内製作所を資本金3百万円、従業員6名で設立。竹内明雄が代表取締役社長に就任し、自動車部品メーカーの下請を開始。
昭和46年9月 ミニショベルを開発し生産を開始。
昭和47年1月 長野県埴科郡坂城町に村上工場を新設。
昭和50年5月 ヤンマーディーゼル株式会社(現ヤンマー株式会社)へのミニショベルのOEM生産を開始。
昭和51年3月 双信工業株式会社より営業譲渡を受け、撹拌機の製造及び販売を開始。
昭和52年9月 長野県埴科郡坂城町に千曲工場を新設。撹拌機製造工場とする。
昭和53年1月 ミニショベルの輸出を開始。
昭和54年2月 米国にTAKEUCHI MFG.(U.S.),LTD.(現・連結子会社)を設立。
昭和56年1月 ミニショベルのシリーズ完成(1~5トン)。
昭和59年4月 長野県埴科郡戸倉町(現・千曲市)に戸倉工場を新設。
昭和61年9月 クローラーローダーを開発し生産を開始。
昭和63年3月 株式会社神戸製鋼所へのミニショベルのOEM生産を開始(平成5年12月まで)。
平成7年3月 ドイツのHBM/NOBAS G.M.B.H(現GP GUNTER PAPENBURG AG)と油圧ショベル(ホイール式)の共同生産を開始。
平成7年8月 英国に現地事務所を開設。
平成8年10月 英国の現地事務所を閉鎖し、同国にTAKEUCHI MFG.(U.K.)LTD.(現・連結子会社)を設立。
平成10年5月 ISO9001認証取得(ショベル及びクローラーキャリアの設計及び製造)。
平成10年10月 村上工場に開発センターを新設。
平成11年1月 米国にTMEC,INC.を設立。
平成11年5月 ISO9001認証取得範囲の拡大(ショベル、ローダー、クローラーキャリアの設計並びに製造)。
平成12年6月 フランスにTAKEUCHI FRANCE S.A.S.(現・連結子会社)を設立。
平成12年9月 株式会社サンワ長野を設立。
平成13年5月 TMEC,INC.を清算。
平成14年3月 米国GEHL CompanyへのクローラーローダーのOEM生産を開始。
平成14年12月 株式を日本証券業協会(JASDAQ)に登録。
平成15年12月 株式会社サンワ長野を清算。
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
平成17年3月 村上工場内に第二工場を新設。
平成17年4月 中国に竹内工程機械(青島)有限公司(現・連結子会社)を設立。