第一製薬
本店:東京都中央区日本橋三丁目14番10号

【商号履歴】
第一製薬株式会社(1918年1月~2007年4月1日第一三共株式会社に合併)

【株式上場履歴】
<東証1部>1949年5月16日~2005年9月21日(第一三共株式会社に株式移転)
<大証1部>1952年12月15日~2005年9月21日(第一三共株式会社に株式移転)

【沿革】
大正4年10月 匿名組合アーセミン商会を設立。
大正7年1月 合資会社アーセミン商会を経て第一製薬株式会社を設立。
昭和8年12月 高槻工場(現大阪工場)を開設。
昭和24年5月 東京証券取引所に株式を上場。
昭和27年12月 大阪証券取引所に株式を上場。
昭和36年6月 研究部門の集約と充実を図るため、中央研究所を開設。
昭和38年1月 台湾にダイイチ・ファーマシューチカル・タイワン・リミテッドを設立。
昭和40年7月 製剤部門拡充のため、静岡工場を開設。
昭和56年4月 合成部門拡充、合理化のため、秋田工場を開設。
昭和57年4月 研究規模の拡大に伴い、生産技術研究所を設置。
昭和57年7月 アメリカにダイイチ・ファーマシューチカル・コーポレーションを設立。
昭和60年4月 台湾にイチヤク・エンタープライズ・コーポレーション・リミテッドを設立。
昭和63年2月 東富士研修所を開設。
昭和63年8月 香港にダイイチ・ファーマシューチカル・アジア・リミテッドを設立。
平成元年6月 西ドイツにダイイチ・ファーマシューチカル・ヨーロッパ・ゲー・エム・ベー・ハー(現ダイイチ・ファインケミカル・ヨーロッパ・ゲー・エム・ベー・ハー)を設立。
平成元年10月 サノフィ第一株式会社(現サノフィ・サンテラボ第一製薬株式会社)を設立。
平成元年12月 フランスにラボラトワール第一サノフィ(現ラボラトワール第一サノフィ・サンテラボ)を設立。
平成2年7月 韓国に韓国第一製薬株式会社を設立。
平成5年4月 イギリスにダイイチ・ファーマシューチカルズ・ユーケー・リミテッドを設立。
平成6年4月 タイにダイイチ・ファーマシューチカル(タイランド)・リミテッドを設立。
平成7年4月 第一メディカル株式会社を設立。
平成7年11月 中国に第一製薬(中国)有限公司を設立。
平成10年5月 中国に第一製薬(北京)有限公司を設立。
平成11年4月 ダイイチ・ファーマシューチカル・タイワン・リミテッド(存続会社)とイチヤク・エンタープライズ・コーポレーション・リミテッドが合併。
平成13年10月 栃木研究センターを開設。
平成14年12月 第一サントリーファーマ株式会社他4社を子会社化。
平成15年3月 第一ファインケミカル株式会社(存続会社)と第一化成品株式会社が合併。
平成16年4月 ダイイチ・メディカル・リサーチ・インコーポレイテッドが営業開始。
平成16年10月 第一ファルマテック株式会社を設立。
平成17年2月 三共株式会社と、共同持株会社設立による経営統合に基本合意。