※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

放電精密加工研究所
本店:神奈川県厚木市飯山3110番地

【商号履歴】
株式会社放電精密加工研究所(1961年12月21日~)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1999年10月1日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【沿革】
昭和36年12月 株式会社放電精密加工研究所を設立。放電加工の受託業務を開始。
昭和38年5月 アルミ押出用金型の製造を開始。
昭和40年11月 愛知県春日井市に名古屋事業所を新設。放電加工の受託業務を開始。
昭和44年11月 大阪府八尾市に大阪事業所を新設。放電加工の受託業務を開始。
昭和45年8月 神奈川県厚木市に厚木事業所を新設。アルミ押出用金型の一貫ラインを設備し、受託業務を開始。
昭和48年10月 名古屋事業所においてセラミックスハニカム押出用金型の製造を開始。
昭和55年9月 愛知県春日井市に春日井事業所を新設。航空エンジン部品のリペア業務を開始。
昭和56年1月 春日井事業所において航空エンジン部品のサーメテルコーティング業務を開始。
昭和59年8月 神奈川県厚木市に飯山事業所を新設。放電加工の受託業務を開始。
昭和60年4月 岡山県和気郡に岡山事業所を新設。放電加工の受託業務を開始。
昭和61年9月 神奈川県横浜市に株式会社ミヤギを設立。(金属プレス用金型の製造販売、現連結子会社)
昭和62年9月 タイ国にトーヨーサッシ株式会社との合弁会社KYODO DIE-WORKS(THAILAND)CO.,LTD.を設立。アルミ押出用金型の製造を開始。
昭和63年12月 厚木事業所においてプラスチックス射出成形用金型の製造を開始。
平成2年11月 兵庫県明石市に明石事業所を新設。放電加工の受託業務を開始。
平成2年12月 千葉県香取郡に成田事業所を新設。(平成5年山武郡へ移転)放電加工の受託業務を開始。
平成6年2月 飯山事業所に本社機能を移転。
平成9年8月 愛知県春日井市上野町に春日井事業所を移転。サーメテルコーティング業務を拡充。
平成10年3月 神奈川県横浜市に横浜事業所を新設し、機械装置部門(メカトロ事業部)を飯山事業所から移転。
平成10年11月 愛知県春日井市に春日井事業所坂下工場を新設。溶射、溶接業務を拡充。
平成11年10月 日本証券業協会(現ジャスダック証券取引所)へ株式店頭登録。
平成12年8月 春日井事業所坂下工場の隣接地に新坂下工場を新設。
平成13年10月 成田事業所に表面処理工場を新設。サーメテルコーティング業務を拡充。
平成13年11月 兵庫県神戸市に神戸事業所を新設し、明石事業所、大阪事業所の放電加工業務を移管。これにより、明石事業所及び大阪事業所は廃止。
平成14年11月 名古屋事業所に加工センターを新設。プレス部品加工業務を拡充。
平成17年4月 岐阜県海津市にクロムフリー塗料の生産工場を新設。
平成17年7月 岐阜県海津市に岐阜事業所を新設し、クロムフリー塗料の生産を開始。