エネサーブ
本店:大阪市中央区北久宝寺町二丁目5番9号

【商号履歴】
エネサーブ株式会社(1997年4月~)
株式会社セーミツ(1991年6月~1997年4月)
日本精密計測株式会社(1973年2月~1991年6月)
関西精密計測株式会社(1965年12月1日~1973年2月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2001年8月27日~2008年11月21日(大和ハウス工業株式会社が全部取得)
<大証ヘラクレス>2000年8月24日~2008年11月21日(大和ハウス工業株式会社が全部取得)

【沿革】
昭和40年12月 電力設備の保守、点検業務を目的として滋賀県大津市蛍谷に関西精密計測株式会社を設立。
昭和42年8月 本社を大阪市東区(現 中央区)に移転するとともに関西事業部を併設。旧本社所在地に京滋営業所を開設。
昭和48年2月 商号を日本精密計測株式会社に変更。東京都千代田区に関東事業部を開設。
昭和49年4月 横浜市緑区に横浜営業所を開設。埼玉県蕨市に埼玉営業所を開設。
昭和50年1月 名古屋市熱田区に中部事業部を開設。
昭和53年1月 関西事業部を大阪府吹田市に移転。
昭和53年3月 福岡市博多区に西部事業部を開設。
昭和54年1月 千葉市弥生町(現 稲毛区)に千葉営業所を開設。地域代理店を開設。
昭和56年5月 関東事業部を東京都渋谷区に移転。
昭和59年5月 自家用発電設備の販売を開始。
昭和59年11月 仙台市新寺(現 若林区)に東北事業部を開設。
昭和61年4月 京滋営業所を滋賀県大津市月輪に移転するとともに遠隔監視システムオペレーションセンターを併設。
昭和62年8月 埼玉営業所を埼玉県浦和市(現 さいたま市桜区)に移転。福岡県嘉穂郡桂川町に天道工場を新設し、自家用発電装置の製造を開始。
昭和63年4月 東北事業部を仙台市長町(現 太白区)に移転。各事業部並びに営業所を事業所に改称。
平成3年2月 日本精密計測株式会社(現 株式会社ワイエッチエフ)より営業を譲受け、名古屋・広島・岡山・山口・南九州事業所として開設。
平成3年3月 愛知県春日井市に名北事業所を開設。
平成3年6月 商号を株式会社セーミツに変更。本社を大阪市中央区に移転。
平成9年4月 商号をエネサーブ株式会社に変更。
平成9年9月 生産能力増強のため、天道工場第二工場を増設。
平成12年8月 大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場(現 ニッポン・ニュー・マーケット「ヘラクレス」)に上場。
平成13年7月 天道工場において「ISO 14001」の認証取得。
平成13年8月 東京証券取引所 市場第一部に上場。
平成14年3月 天道工場において「ISO 9001」の認証取得。
平成14年8月 関東事業部(東京事務所)を東京都渋谷区より東京都大田区に移転し、東京技術センターと改称。
平成14年8月 東京都千代田区に東京支社を開設。
平成16年4月 滋賀県大津市に大津エネルギーセンターを開設。電力小売事業を開始。
平成17年8月 京都府綾部市に綾部エネルギーセンターを開設。
平成18年1月 福岡県嘉穂郡桂川町に天道エネルギーセンターを開設。