※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エナジーサポート
本店:愛知県犬山市字上小針1番地

【商号履歴】
エナジーサポート株式会社(1987年11月~)
株式会社高松電気製作所(1949年12月15日~1987年11月)

【株式上場履歴】
<大証2部>1962年8月10日~2012年7月26日(日本碍子株式会社が全部取得)
<名証2部>1962年8月1日~2012年7月26日(日本碍子株式会社が全部取得)

【沿革】
昭和2年11月 愛知県瀬戸市にて創業、合資会社高岡配電器具製作所と称す
昭和5年10月 名古屋市東区大曽根町へ本社及び工場を移転、合資会社高松電気製作所と改称
昭和6年8月 名古屋市東区矢田町に碍子工場新設
昭和20年5月 本社及び本社工場を空襲により焼失、名古屋市東区矢田町に移転
昭和24年12月 関西地区販売部門を資本金100万円の法人組織とし、株式会社高松電気製作所を設立、大阪市阿倍野区阪南町に本社をおく
昭和26年12月 製造部門を合併、資本金を400万円として、本社を名古屋市東区矢田町に移転
昭和27年6月 本社及び本社工場並びに試験研究室を名古屋市北区上飯田東町に移すとともに3,000KVA試験用短絡発電機を設置、6KV用配電機器の開発に着手
昭和35年10月 11,000KVA試験用短絡発電機を増設
昭和37年8月 名古屋、大阪両証券取引所(市場第二部)に株式を公開
昭和39年3月 犬山工場完成、本社を愛知県犬山市字上小針1番地に移転
昭和40年6月 日本碍子株式会社と業務提携を行う
昭和43年3月 37,500KVA試験用短絡発電機を増設し、大容量新商品の開発に本格的に着手
昭和46年7月 世界で初めて超小形の完全全領域限流ヒューズを開発
昭和49年8月 株式会社日皓電機製作所(現関西エナジス株式会社・現連結子会社)に資本参加
昭和50年3月 タカマツパーツ株式会社(現中部エナジス株式会社・現連結子会社)設立
昭和50年4月 東北高松電機株式会社(東北エナジス株式会社に社名変更)設立
昭和53年9月 東京・名古屋・大阪に営業所を開設
昭和56年4月 北陸高松電機株式会社(現北陸エナジス株式会社・現連結子会社)設立
昭和58年4月 福岡出張所(現営業所)を開設
昭和59年11月 九州高松電機株式会社(現九州エナジス株式会社・現連結子会社)設立
昭和62年7月 エナジス産業株式会社(現連結子会社)設立
昭和62年9月 250MVA試験用短絡発電機を完成
昭和62年11月 社名をエナジーサポート株式会社に変更
平成7年4月 東海エナジス株式会社(現連結子会社)に資本参加
平成8年4月 品質ISO9001認証取得
平成12年6月 環境ISO14001認証取得
平成14年7月 計測機器事業を日本碍子株式会社より譲受け、事業を開始
平成16年8月 東北エナジス株式会社清算結了
平成18年5月 愛那其斯電机(上海)有限公司(現連結子会社)設立